『嫉妬』をしないようになりたい

この記事は約2分で読めます。

心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。
いつもありがとうございます。

現在、月・木の朝8時に新規掲載をしています【新着記事一覧へ】また、定期的に既存記事の更新更新記事一覧へ】もしているので、そちらもぜひどうぞ〜

これまでの私の失敗や学びの中で、これは知っておくとこの先ラクだよね!というものを少々スパルタ気味にピックアップしていきます。
私が何度も転んで気がついた『盾と矛(守りながら切り開く方法)』です。あなたも使えそうだと思ったら是非ご活用くださいね。

嫉妬って苦しいですよね。
惨めな気がして、汚いもののような気がして、、、
消したくなりますよね。

でもそれって、あなたをもっと苦しませることになりそうですよ。

ミチも嫉妬をよくしていたからね〜本当によーく分かる

今回の盾と矛

嫉妬してしてしまう自分を
嫌ったり
押し殺そうとしても無駄

汚いものだと思って、隠そうとすればするほど、爆発する

こちらの記事でも触れましたが

嫉妬っていうのは
あなた自身をあなたが諦めたくないから
湧き出ている感情

なんですよ。

なのに〜
汚いものだって嫌がって
隠して
蓋をしようとするから・・・
いい方に向かない
んです。

折角だからうまく使いたいよね

じゃあどうしたらいいの?
ってことなのですが、、、

↑のブログの引用のとおり

相手と自分を
わざわざ比べてなぜ凹むのか?

それは・・・
あなた自身をあなたが諦めたくないからでしたよね

そう!
もっと
こうなりたいよ!
ああなりたいよ!
って前向きな気持ちなんです

嫉妬=自分が得たい姿が見えかけている
ということでして〜

ならば、
嫉妬した相手を
見ないようにしたり、攻撃するのはもったない

素直に嫉妬したところを見て
「ああ、素晴らしいなぁ真似したい」
と頂いちゃえばいい☆

相手はただのカタログだと思うくらいでOK!
ピンときたものをカゴに入れてあなたのものにしよう❤️

なんのために嫉妬という感情があるのか
って思いませんか?

あなたを凹ませたり攻撃的にするためじゃありません。

あなたがもっと幸せになる方法を見つけ出すためですよん❤️

コメント

タイトルとURLをコピーしました