辛い事件や事故のニュースを見て苦しくて悲しいあなたへ

この記事は約2分で読めます。

心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。
いつもありがとうございます。

現在、毎日8時掲載をしています(直接新着記事一覧へいく場合はこちら)明日もきてね!

たくさんの失敗をして、諦めることに慣れてしまっていた。

そんな私が失敗経験(ビターなアクシデント)からみつけ出した、今をよくする『盾と矛』を短めにピックアップしていきます。
盾で守り、矛で切り開くあなたも使えそうだと思ったら是非ご活用くださいね。

辛いことや悲しい事件が続く時もありますよね。
そんな時は、、、こんな風に対策をしてね。

こんな時はそのままにするのが一番ダメ

今回の盾と矛

・繰り返される情報を遮断する
・辛いな、悲しいなという気持ちに蓋をしない
・自分の気持ちを受け止める

↑この三つ大変重要です

とりあえず情報収集ができたなら
繰り返されている情報は遮断しましょう。

あなたの中で一回ではなく、複数回苦しみを味わっていると勘違いして、あなたを疲弊させる

辛い、悲しい、怖いという感情を
感じちゃいけない、自分には関係ないんだから
などと、蓋をしちゃダメ

「そりゃそうだ、そんな風に思って当たり前だよね」と、あなたが自分自身をの気持ちを理解してあげて

感じている気持ちを
あなた自身が受け止めて
もう大丈夫だと声をかけて
あげる

怖い思いをした子供に声をかけるように「うんうん、そう思ったんだね。でも大丈夫、もう怖くないよ」と気持ちを受け止め、安心させてあげる

苦しさ、辛さ、悲しさなどは
感じないようにしても
蓋をしても
消えません。

長く続いてあなたを苦しめるだけです。

ちゃんと対策してあげてくださいね〜

無理する必要もないからね

コメント

タイトルとURLをコピーしました