性格が悪い自分が嫌いなあなたへ

この記事は約2分で読めます。

心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。
いつもありがとうございます。

現在、月・木の朝8時に新規掲載をしています【新着記事一覧へ】また、定期的に既存記事の更新更新記事一覧へ】もしているので、そちらもぜひどうぞ〜

これまでの私の失敗や学びの中で、これは知っておくとこの先ラクだよね!というものを少々スパルタ気味にピックアップしていきます。
私が何度も転んで気がついた『盾と矛(守りながら切り開く方法)』です。あなたも使えそうだと思ったら是非ご活用くださいね。

自分は性格が悪いと思うあなたへ
もしかしたら
それは勘違いかもしれませんよ?

攻撃したり、見下したり、自分がされたら嫌なことを他人にするはもちろんダメよ

今回の盾と矛

自分を思いやる言動は性格の悪さじゃない

相手の顔色を伺うための気遣いなら必要なし!ってことよね

私は「優しいよね!」と良く言われていました。
でも、性格が良かったのか?というとちょっと違います。

なぜかというと、、、

常に周りの人の顔色を窺っていたから
悪者になるのを避けていたから
いい顔しいだったから

ある意味↑をすると
『優しい人』だと思ってもらえます(笑)

そりゃーそうですよね。

自分より相手を優先し
先に色々考えて求められる行動をし
嫌なことがあってもニコニコ
悪い人に見えない

どう?
いい人〜って思っちゃいますよね。

でもさ、これって
いい人=都合のいい人なんだよね

あなたが思っている
『性格の悪いところ』はどのようなところですか?

誰かにとって都合のいい人に
なりきれていない

ってことじゃない?

そんな(都合の)いい人になる必要なんてないよ

自分の意見をもち
悪者になることも恐れず
自分を卑下せず
大切にする

このような人は性格が悪いのではなく
誰かの都合のいい人にならないというだけです。
ご安心くださいね!

あなたを都合よく使いたい人ほど、『性格悪いよね』『気が強いよね』『嫌なやつ』って言ってくるよ〜だから、あなたは傷つかなくていいんだよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました