モヤッとしたものには、お金も時間も手間も使わない

この記事は約3分で読めます。

働く方専門
あなたの『今』を変える
心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。

いつもありがとうございます。

 

もったいないから
人の目を気にして

嫌々ながらも使っていた、お金・時間・手間。
その無駄に恐れ戦いた(笑)

 

 
「手放す」ってどう思いますか?
結構難しいですよね。

 

①愛着があるモノ
であったり、
②自分の「心の声」を「頭の声」がかき消してしまっている場合

などは、
それが自分に必要なのかどうなのか分からなくなってしまします。 

愛着のあるものは「なぜ」を考えると整理できるかもしれません。
後者は、即手放すべきものが多そうなので、ちゃんとみていきましょう。
 
 

私が去年、手放したものを紐解いていきますと・・・
それは、↑でいう②でした。

ずっとモヤモヤしていたのに、
「ここまで~したのに」

とか

「○○があるし」
等と、手放せなかったものでした。

あるとき、あっさり
「あーこの人は私の世界にいなくていい人だ」
と、ちゃんと「頭」が理解したんです。

心とタイムラグがあり過ぎですけど(笑)
ですので、手放しました。

で、なぜか手放した後も、モヤモヤが残ったんですよね。
なんでかなーって思っていて、後で気が付きました。

手放す時に、ポイッて手放せばいいのに
「言い訳をした」ことが我慢ならなかったようです。

その時の自分は、
「○○があるから、仕方がなく」って感を出したかったんだな~ってことが分かりました。
「いい人でいたかったんだな~」って。
あと、途中で投げ出すって思われたくなかった、かっこつけな自分(笑)
あーすっきりした。

手放したことに後悔したのかと、
ちょっと思ったけど、
「いやいや絶対それはない!」ってなったし(笑)
「かっこつけな自分」にモヤッたかー素直ねぇ

「辞めます」だけでいいのに。
何の言い訳も必要ない。
それももっと早くね!
無駄にしたなーと思いつつ、私が腑に落とすために必要な時間とお金に手間だったと思えます♪
あっ習い事だったんですけどね(笑)

自分の心が拒否した
『モノ(人・事・物 等)』を「手放す」って、当たり前なんですけど。

難しいですよね。
もちろん、
なんでその人を「拒否」したのかも腑におとしています。

ちょっとずつでも自分に「必要のない『モノ』」を「手放し」ていきたいなーって思ったのです。
時間がもったいないって!
だって、もっともっとやる事があるんですよ?!必要な事が。
 
自分の「心」が求める『モノ(人・事・物 等)』に、 楽しく時間とお金を使いたい!

【この記事は旧Blogから転載した記事です】

コメント

タイトルとURLをコピーしました