「怒り」への対処法&ネット上で誹謗中傷された時

この記事は約3分で読めます。

今までどおりが嫌な人のための
今を変える
『方法論』
心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。

いつもありがとうございます。

 

最近、ネット上が荒れているようですね。
私は自分以外の(笑)ブログは見ていないので、詳しく知らなかったのですが…
先ほど、ほんとホヤホヤで連絡をいただいたのでそれを記事化(笑)

ネット界隈のネガティブ

ある出来事

あるサイトの界隈が荒れているという話を、少し前に知りました。

私はそのサイトがプライベートで好きだったので、よく行って「いいね!」もしてました。
で、本日ある記事に「いいね!」をしたんです。

そうしましたら、
「読むならちゃんとコメントを書いてくれ!注意事項として書いているんだから。読んでいないのか?!」
というご連絡をいただいてしまったのです。

この方は、サイトを荒らされて過敏になってしまっていたでしょうね~

私は、コメントをしないならサイト自体を見ないでくれ!
っていうお願い事を図らずも無視してしまったのです。
まぁ無視というより、
注意事項に対する(ちゃんと読んだのに(笑))読解力がなかっただけなんですが(*’ω’*)

とばっちり

さて、この案件どう思います?
私はどちらかというと『とばっちり』を受けたというほうが正しいでしょう。

でも苛立ちは湧かなかったんですよね。
ハッキリ言えば、私がサイトの管理人からいただいたメールはこちらを攻撃している内容でした。
ではなぜ、苛立たなかったのか?

でも関係ない

それは自分に関係ないから

嫌な言い方に取られてしまうかもしれませんが…
そのサイトを見ていたのは自分
「いいね」をしたのは自分
私に関係するのはこの上の二つだけなんですよ。

『怒り』という感情は裏切られたという気持ちからでます

ですので私は、
管理人さんを喜ばせようとして
サイトに行ったり、『いいね』をしたわけではないから
怒りが湧かなかったんです。

攻撃されたら怒って当たり前?

他に
こちらがなにもしていないのに攻撃されたのに怒らないのか?
というご意見もあるでしょう。
ですが、苛立ちはわきません。

怒り ➡ 発している人の『不安(恐怖)』からでている

って知っているからです。

申し訳なかったにたどりついた

メールを管理人さんから貰ったとき
あぁ申し訳なかったなと思いました。

私の行動により、
「こいつは自分を傷つける人間だ!また傷つけられるかもしれない」
って思わせてしまったんですから。

読解力がなかったばっかりに…お恥ずかしい限りです。
管理人さんにはちゃんとお詫びのメールをしました。

人間関係だけでなく心も楽になるよ

この怒りの仕組みを知っておけば
人間関係が楽になっていきます。

だって怒りをぶつけてくる人は
自分の弱い所(不安・恐怖)を
「ここが弱いんですー触らないでー見ないでー」
って自分で大声で言っているのと同じだから。

この人は何が怖いのかな?
取り除いてあげようかな?

ってことだけ考えたければ考えればいいんです。
そう思っていると、
怒りをぶつけても物足りなくなってくるので相手もそういうことをしなくなってきます。

怒りを向けられて
あなたが傷つく必要なんて一切ない!
って忘れないでくださいね。

こちらのブログとは全然関係のない所の話なので、管理人さんにお伝え出来ないですが…
管理人さんのサイトを荒らした人は、
管理人さんを攻撃しているわけじゃないからあなたが傷つく必要ないんです。
自分の名を伏せ、自分は安全な場所にいながら、誹謗中傷する。
そんな人の事を考えるなんてなんて時間と気力の無駄。
そんな人にあなたの心を弱らせさせるなんてモッタイナイ。
元気を出して!大丈夫だよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました