【職場で自信を失わない方法】会社に不要だと思われるのが怖い!

この記事は約3分で読めます。

心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。
いつもありがとうございます。

現在、月・木の朝8時に新規掲載をしています【新着記事一覧へ】また、定期的に既存記事の更新更新記事一覧へ】もしているので、そちらもぜひどうぞ〜

たくさんの失敗をして、諦めることに慣れてしまっていた。

そんな私が失敗経験(ビターなアクシデント)からみつけ出した、今をよくする『盾と矛』を短めにピックアップしていきます。
盾で守り、矛で切り開くあなたも使えそうだと思ったら是非ご活用くださいね。

この会社に不要だと思われたらどうしよう
有用な人間だと思われないとだめだ
だから無理をしてでも
サービス残業もして・・・

こんな風に思っていると辛いし疲れますよね。
楽になる考え方ありますよ☆

わかるわよっ
ミチも石に齧りついても辞めないって思ってたもん

私たちは
実は
仕事がなくなって収入源がなくなることよりも
恐れていることがあるんです。

その対策として使える考え方はこちら↓

今回の盾と矛

あなた自身と職場を切り離そう

切り離しておくと、リストラされたり会社が倒産したり、嫌なことがあっても衝撃が少なくて済むよ❤️

どういうことかというと…

収入源よりも不安に思っていることとは?

日本人は特になんですけど
メンバーシップ型の働き方
と言われています。

もっと簡単にいえば
私たち日本人は

職場 = 村(共同体)
職場の人 = 家族や仲間

と、捉えているんですね〜

なので
私たちの考えている以上に
(無意識にも)

その村(職場)から
必要とされなくなることを恐れている

生存本能からすれば、『村八分(仲間はずれ)』は生命の危機ってことだからね
仲間は生きていく上で必要不可欠だったから!

これにプラスして、収入源がなくなるっていう不安があるってこと!そりゃ疲れるわ

村八分の不安をなくすには

この『村八分』に対する不安は
収入減への不安と比べれば
対策するのが簡単です。

なぜなら…
勘違いだから❤️

↑で
日本人の働き方が
仲間意識の強い働き方だからこそ
村八分になる不安つきまとう。
ってことでしたよね!

と、いうことは…ですよ?

職場で求められるのは
与えられた仕事をこなすこと

それが自分に与えられた役割である

って意識するだけなんです。

村に&仲間でいるために働いているのではなくて、求められている役割をこなすために働いていると意識するってこと

この働き方は海外で主流のジョブ型だよ

このことを意識するだけで
必要のない我慢や
上司の顔色を見るなんてことも
減って
きて
社畜にならなくて済む
お休みもちゃんと取れる
リストラされてもショックが最小

素晴らしい(笑)

この働き方を意識していると…職場で自己卑下をすることが減るよ☆

例えば、リストラされても「ここには自分のやることは無くなったんだな」って思えるよね!『能力が(必要とされてい)ないからリストラされた』って無駄な自己卑下で自信を失う必要なんてないのさっ

コメント

タイトルとURLをコピーしました