【幸福思考】誰かの評価が気になったときは

この記事は約1分で読めます。

心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。
いつもありがとうございます。

現在、月・木の朝8時に新規掲載をしています【新着記事一覧へ】また、定期的に既存記事の更新更新記事一覧へ】もしているので、そちらもぜひどうぞ〜

たくさんの失敗をして、諦めることに慣れてしまっていた。

そんな私が失敗経験(ビターなアクシデント)からみつけ出した、今をよくする『盾と矛』を短めにピックアップしていきます。
盾で守り、矛で切り開くあなたも使えそうだと思ったら是非ご活用くださいね。

これを言ったら
これをやったら
どう見られるだろうか?


なーんて気にしちゃう。

やめたいけどやめられない!
でもやめたいって時は・・・

ミチは長年お付き合いしてた

今回の盾と矛

誰かの評価 = あなたの望む幸せ
とは限らない

これねぇ
あっ!!
て思いますよね〜

望む幸せとは対極の方が多いんじゃない?

そうなんですよ。

これまでいいと思われていたもの
誰かがいいと思うもの

誰かの偏った考え
常識だったもの

などなど

これを
あなたが
良い
幸せだ
楽しい

思うとは限らない
ってこと
&
違くても全然OKってこと

ミチはね、みんなと一緒じゃないとおかしいんじゃないかって悩んだ時もあったよ〜そんな必要ないのにね

誰かの評価が
あなた自身の幸せに直結していないなら
余計に
無理や我慢をして
その評価を気にする必要って
あるのかな?

そんなものより
あなたの幸せを優先してほしい
って思ってます☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました