災害や悲しいニュースで不安が大きいときは

この記事は約2分で読めます。

心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。
いつもありがとうございます。

現在、毎日8時掲載をしています(直接新着記事一覧へいく場合はこちら)明日もきてね!

この記事は、他の場所に毎日掲載していた『失敗事例集(ビターなアクシデント)』で、こちらに移行してきた記事です。そのため他の記事と掲載方法等が違います。


たくさんの失敗をして、諦めることに慣れてしまっていた。

そんな私が失敗経験からみつけ出した、今をよくする『盾と矛』を短めにピックアップしていきます。
盾で守り、矛で切り開く
あなたも使えそうだと思ったら是非ご活用くださいね。

最近の戦争のニュースや
地震等などで
不安で仕方がないっ
という方もいらっしゃると思います。

そんな時、どう向き合ったらいいのでしょうか?

なにか不安だと全てが不安になるよね

今回の盾と矛

不安を隠そうとしたり、押し込めなくていいよ

隠したり押し込めようとすると、余計に大きくなるからね

まずは
「怖いよね、うん、分かるよ」
ってちゃんと
怖い・不安だっていう気持ちを
自分が受け止めて
あげる。

そして、その後に
「どういうことが怖い・不安なの?」
って

不安を聞き取って、その不安を『具体的』にして対策をしていく

人間は『漠然とした不安』が一番怖いんだよ!
頭の中で整理されていない不安は『漠然とした不安』なので、なにが怖いのかを具体的に落とし込んで対策しちゃお

例えば
『地震が怖い』
という場合
「地震でどうなることが怖いの?」
と問いかけてみて

家族と離れ離れになること
食べ物や水が手に入らないこと
家具などが倒れてくること

などなど

なにに対して不安や恐怖を感じているのかを
具体的にピックアップして
その対策をしていく
と不安が小さくなっていきます。

是非お試しくださいね〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました