“脳に宿題を与える”と夢が叶う速度が変わるよ

この記事は約2分で読めます。

今までどおりが嫌な人のための
今を変える
『方法論』
心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。

いつもありがとうございます。

 

本編に行く前に・・・

現在、このサイトをカスタマイズ中です。表示やリンクに不具合が出る場合があるかと思います。もう少々お待ちください〜

***

法人向けオフィシャルサイトから記事を移動してきています。新着記事で上がらないのですが、旧法人サイト記事タグ更新記事から確認できます。
移動だけでなく少し手を加えていますので、是非どうぞ〜

よく言われることですが、私たちは『脳』をちゃんと使えていません。
優秀な脳にしっかり働いてもうためにはどうしたらいいでしょうか。

[法人サイトの記事を移転(お固めの記事あり)]

脳は365日、24時間働いている

私達の持っている脳は、常に働いています。

私達が起きている時はもちろん、寝ている時もです。
そして
私達が意識して出来ること以外にも、対応したり、準備したり、考えているのです。
例えば、食べ物を消化したり、血液を流したり、心臓を動かしたり等

沢山の処理をしている脳ですが、実は疲れることはないそうです。
さらに、まだまだ能力を使いこなせていないようです。

なら、、、
こんなに働き者で疲れも無い「脳」をこのまま手持ち無沙汰にしておくのはモッタイナイ!!
と思いませんか?

もっと働いてもらおう

私のおすすめは「脳」に宿題を与える事です。
「常に考え続けろ!」ということではありません。
無意識に考えさせるのです。

アイディアや導き出したい答え等、自分は何を知りたいのか?導き出したいのか?を脳に宿題として与えておくと、私たちの良くいうインスピレーションとして答えを教えてくれます。

脳は出された宿題をこなそうとずっと考え続けるからです。
それは私たちの意識していない「無意識」で!

リラックスが大切だよ

もちろん頭をひねって、机で考え続けて、捻出してもいいかもしれません。
しかし、脳はリラックスしていないとクリエイティブに働くことができませんので、答えを導き出しにくい場合もあるでしょう。

ですので、脳を効率的に働かせるためにも、「脳」に宿題をだし、空いた時間には別の事をしたり、のんびりしてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました