自分が”本当は”なにを得たいのか

この記事は約2分で読めます。

今までどおりが嫌な人のための
今を変える
『方法論』
心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。

いつもありがとうございます。

 

本編に行く前に・・・
法人向けオフィシャルサイトからの記事移転が完了しました!新着記事で上がらないのですが、旧法人サイト記事タグから確認できます。移転だけでなく少し手を加えていますので、是非どうぞ〜

よく質問を受ける
「自分が何を求めているのか分からない」ということについて

↑の記事でも書きましたが、
私は自分が何を求めているのか理解しないまま、
不足感を埋める為「得る」ということを繰り返しました。

そして、
得たときには満足をしても
本当に得たいものではないので
その満足感は長続きなかった
のです。

例えば、小さい頃でいえば、友人が持っているバック。

同じようなバックが欲しいとねだって買ってもらっても、
すぐに飽きる。

本当に欲しいモノは、
友人の「親と買い物に行って一緒に選んで買った」という記憶だったから。

その記憶にある、
親に「愛されている」ことが欲しかった。
だからすぐにそのバックに飽きるのです。
私たちはモノが欲しいわけじゃないんです。

そのモノに込められているものが欲しいから。

これが、本当に欲しいモノ!

では、
どうやって自分の欲しいモノ見つけ出すか?
ということですが…

また例えで恐縮ですが、

なにかを「飲みたい」という欲求がある場合
「なんでもいいから水分が欲しい」とは思いませんよね。

もちろん、
身体が水分を求めているっていう生理現象もありますが、
「水分」だけを求めている訳ではありません。

私たちは、この「水分を得る」という事に
何か別の欲しいモノをのせていることが多いです。

例えをこちら↓に細かく書いてます。

「飲みたい」という欲求でも、
様々な得たいものを無意識にのせています。

それを紐解いていくと
「水分を得たい」じゃないことが分かります。

こんな風に、
自分はなぜこれを求めるのか?
を考えていただくと、
そこに隠れている本当に欲しいモノが見えてきますよん。

【この記事は旧Blogから転載した記事です】

コメント

タイトルとURLをコピーしました