「バチがあたる」の本当の意味と「厄年」

この記事は約3分で読めます。

働く方専門
あなたの『今』を変える
心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。

いつもありがとうございます。

 

昔からよくいわれる「バチがあたる」と「厄年」
実はこれ「思い込み」が原因です。
「バチ」や「厄」を使うなら上手ーく使いましょうよ。

 

あなたは、「バチがあたるぞ」って言われたことありますか?

私は祖母がいたので、むかーしから言われていました。
いたずらしたり、言うことを聞かなかったときに(笑)

 

そして、少し前まで思ってました。

…思っていたというより、
そう思いたかったのかもしれないな
という事に気が付きました。

 

 人に親切にしないとバチがあたる
 目上の人を敬わないと…
 もったいない事をすると…
 お仏壇に手をあわせないと…
 祖母や親の手伝いをしないと…
 言うことを聞かないと…

 

●自分が嫌なことでも「我慢してやらなくてはいけない」と思って文句タラタラでやる。
⇒結局ちゃんと出来ず、より嫌になってそのいら立ちを誰かにぶつける。
※この苛立ちは、やらない(でいられる環境の)人に向かう(笑)

●何か嫌なことがあっても、「バチがあったんだ」とおもう。
⇒原因を追究しない(人や何かのせいにしている)から繰り返す(笑)

 

私が「バチがあたる」と同じだと思っているのが「厄年」です。

厄年だから、病気しちゃった!
…何度も転んだ(?)
…嫌なことばかり!

いやいや、厄年じゃなくて…
無理しちゃったからでしょ?
注意散漫だったからでしょ?
厄年だから嫌なことがおこると思っているからでしょ?

 

厄年のせいにしないで、休んだり、気がかりの対処をしたり、気持ちを切り替えた方がいいってば~
と私は思います(笑)

 

厄年って一般的に
精神的・肉体的に変化が起こりやすいタイミングでもあるから、
いつもよりちょっと自分に気を使ってあげてね❤

っていう年回りのことですよ。

「厄年だから○○しちゃだめだぁ~」
とか
「厄年だから何かがおこるわぁ~」
って思っているからそうなるんですってば!

うーん、常識?という洗脳(思い込み)は怖いですね。

話がそれましたが(笑)

そもそも昔の伝承(バチ含)等は、
子供を危険から遠ざける為のもの
だったんだと思うのです。

あそこの沼は危ないから神様が住んでいるとしようとかね☺

だから、人の考えを制限したり、束縛するものではないと思うのです。

といいますか、ちょいちょい小さなことでバチをあてるのが神様なら、かなり心が狭い暇人よね(笑)そう思うほうが失礼じゃないかな?と思いませんか。
神様はもっと大きいものを広い心で見ていますよ。

 

先祖に対して、バチがあたるって場合
私は、「自分を大切にしない」とバチが当たるのだと思います。

だって、ご先祖は、自分の「DNA」を残したわけです。

その子孫が、
自分を大切にしないで
自分を痛めつけたり否定したりってするのって
ご先祖からすると
「DNA」を否定されるのと同じなんじゃないかな。

 

私たちだって、
自分があげたものを大切にしてもらえないとさみしいし、悲しいよね。
それと同じだと思う。

だからこそ
私たちは、今の自分がやりたいことを楽しんで、
この「DNA」を次に渡せばいい。
もちろん、子供でも、思想でも、何ででも!いいんだと思う。

ご先祖たちが、「うぉーこいつ楽しそう。まっ私のDNAがよかったしね♪自分もそろそろ次行くか!」って思ってくれれば最高なんじゃないかな。

【この記事は旧Blogから転載した記事です】

コメント

タイトルとURLをコピーしました