あなたの“欲しい未来”を手に入れるために②

この記事は約2分で読めます。

心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。
いつもありがとうございます。

現在、月・木の朝8時に新規掲載をしています【新着記事一覧へ】また、定期的に既存記事の更新更新記事一覧へ】もしているので、そちらもぜひどうぞ〜

お知らせ
現在、先着50名様限定のメッセージプレゼント企画を開催しています!あなたを苦しめる『罪悪感』を変換する方法をお申込みくださったあなただけに無料でプレゼント❤️ぜひ、コチラから手に入れてくださいませ♪

Forbes記事『精神的に強い人が「絶対にしない」10のこと』をコーチング目線でみていきます。
2回目は、謝罪を求めない、自分を哀れまない、恨まない、誰の悪影響も受けない、です。

[この記事は法人サイトより移行してきたため、内容等お固めかもしれません]

前回から引き続き、Forbesの記事をコーチングの目線でみていきたいと思います。

4~7は同じ事ですので纏めていきます。
4. 謝罪を求めない
5. 自分を哀れまない
6. 恨まない
7. 誰の悪影響も受けない

4~6の謝罪を求めない、自分を哀れまない、恨まない
というのは
7の「誰の(悪)影響も受けない」ということに繋がります。

私たちがどんな感情を持ったとしても、その感情を選択したのは自分なのです。
もちろん、自分を責める必要はありません。

私たちがするべきなのは、相手から受け取った現象(言葉、行動)で、自分が、その感情を持つことを選択したのはなぜか?を考える事です。
この感情がどこから出ているのか?
身体的な痛みなのか、悲しみ、寂しさ、悔しさなのか?

相手を変えたくなってしまいますが、相手に怒りをぶつけたり、謝らせることで変える事はできません。
「怒りを我慢しなくてはいけない」、「無理して付き合う」という事でもありません。
「この関係は自分には必要ない」という選択肢もあるかもしれません。

重要なのは、
どんな自分でいたいのか
どんな人たちに囲まれていたいのか
どんな環境がいいのか
すべて私たちが自分で選択していいのです。



次回で最後になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました