不定期更新のお知らせ

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
現在、有難くもコーチングへのお問い合わせ等が立て込んでおり、ブログの更新が滞っている状況です。
落ち着き次第、またブログの更新をしていきますので、その際はよろしくお願いします。

フィンランド旅行(番外編①)9月後半のイナリ旅行について

コーチ兼カウンセラーのみちです。
いつもありがとうございます。

帰ってまいりました~にゃん達とも再会し、安心しました❤

フィンランド旅行記はいかがでしたでしょうか(笑)
たっぷり楽しく過ごしてまいりました。その楽しさが、少しでも伝われば、と思いブログアップしてまいりました。私は満足です

さて、今回は、ちょっとした参考情報をまとめたいと思います。なぜなら、私も出発前に悩んだから(笑)
ネットで調べても古い情報だったり、季節が違うので参考にならない場合もあったのです。
そりゃそうなんですよね~イナリでは、「秋」は日本の秋冬くらいですが、「冬」は日本とは比べ物にならないですから。行く時期によって、必要なものが全然違うのです。
さらに、都市部じゃないと情報がガイドブックに載っていません(笑)

では、まず両替について
↑ルスカの時期関係なし(笑)
私は、日本円で3万程度をユーロにしました。
5ユーロ紙幣多めの、50ユーロ紙幣までで用意
高額紙幣(€100、€200、€500)は必要ないと思います。50ユーロ紙幣さえ使うところに困りました。この辺りの事については、「私はこうした」レベルです。
もっと詳しいサイトがあると思いますので、別途チェックをオススメします。

今回の旅行は、目的がオーロラですので、お金を食べ物にしか使いませんでした。さらに、お金を使うところが限られているので、3万は「多かった」と思います。ユーロが全然ないというのもどうか思いますが、私の様に、観光やショッピングが目的じゃない、都市部じゃない、滞在日数が短い場合は、1万か2万でいいと思います。
水1本からカードが使える国ですので余計です。
持っていくクレジットカードは「VISA」とか「Master」を選択。

さて、続いて服装について
オーロラが目的なら絶対に必要なのは、暖かいアウター、帽子、マフラー、手袋、ブーツです。夜は寒いし風があるのです。
もちろん昼間だって、12℃ですから!
私は昼間から、山用アウター、帽子、ブーツでした。
トレッキングなどの山用のアウターを持っていったのが正解だったと思っています。
↑風を通さない、重ね着できるゆるさあり、動きやすい、かさ張らないetc
この山用アウターのお陰で、中は長袖一枚だけで十分でした。
レインウェアもあると良いですね。
小雨程度なら写真を撮れるから、傘が邪魔になりますし…ですので、ある方は、シティー用(笑)のダウンとかではなく、山用がオススメ
数時間外にいることになりますから、暖かくいたいですもんね♪

あと、服装ではないですが、オーロラを見るにあたりあると嬉しい物は
温かい飲み物を入れる「タンブラー」
座ったり、立て膝ができる「座布団」

↓こんな装備でウロウロしていました。

この中で山用は、アウター(赤)とレインウェア(チェック)、座布団だけですので、無理に山用を用意する必要はないと思います。必要に応じてカイロもご用意くださいね。

タンブラーは、部屋の中でも使いました。
私は猫舌なので、熱い飲み物を飲めないです。なので、タンブラーにお茶をつくり、ある程度冷ましてから蓋をして、飲みたいときにマグに出して飲んでました(笑)

次に、ルスカの時期にフィンランドのイナリに行く方の参考になれば★準備を万端にして、めいっぱい楽しんでいただきたいです♪
※ルスカ…フィンランド語で「紅葉」を意味します

フィンランド旅行⑦へ

【この記事は旧Blogから転載した記事です】

今日も明日もいい日になりますよ♡

働く女性専門 コーチ兼カウンセラー みち
フリーター、契約・派遣社員を経験後、上場企業の経営企画部門で勤務。12年間勤務し、2016年にコーチとして独立。
現在、栃木県宇都宮市を中心に複数社の法人コーチとして活動しながら、働く女性専用コーチ兼カウンセラーとして個人のクライアント様向けのコーチングを実施。
さらに、セミナーを定期的に実施し、コーチングを広める活動をしている。
コーチングを通じて、他人の目を気にせず自分の欲しい未来を手に入れることの喜びを伝えたくて日々の活動とブログを更新。
好きなものは、猫、玉置さん(安全地帯)、温泉、旅行、自然、柑橘系

ご質問はお問い合わせフォームからお気軽にどうぞ

スポンサーリンク