あなたの辛さや悲しみには原因があるんだ!原因を消して楽になろっ

この記事は約2分で読めます。

心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。
いつもありがとうございます。

現在、月・木の朝8時に新規掲載をしています【新着記事一覧へ】また、定期的に既存記事の更新更新記事一覧へ】もしているので、そちらもぜひどうぞ〜

たくさんの失敗をして、諦めることに慣れてしまっていた。

そんな私が失敗経験(ビターなアクシデント)からみつけ出した、今をよくする『盾と矛』を短めにピックアップしていきます。
盾で守り、矛で切り開くあなたも使えそうだと思ったら是非ご活用くださいね。

こんなに自分が辛いのは
自分がダメだからだ。
自分が〇〇だから
こんなに悲しい思いをするんだ。

って
いっつも自分を責めてしまうあなたへ
もう苦しまなくていいよ

ミチもね、ずっと、なんでこんな自分なんだろうって…悲しくて辛くて惨めだったよ

赤ちゃんの時は
辛さや悲しさを感じていなかったはずですよね

ということは・・・

今回の盾と矛

これまでの人生の中に
私たちが囚われてしまっている感情の原因というか『根本』がある

あなたを責めなくていいんだよ!
責めるより先に『根本』をみにいこう

自分のこれまでの人生の中に原因(根本)があるってことはさ!
自分でなんとかできるってことことだよね❤️
諦める必要なんてないよ〜

↑の記事でもふれていますが

同じ言葉でも
人それぞれ受け取り方が違います

これは
言葉だけでなく
誰かの態度や周りの環境など
目に映るもの全てにおいて

そうなんですね。

同じものを見ていいても『どう見るか』はみんな違うんだよ

心の中で
なにを考えているのか
目に映った出来事を
どうとらえるのか
どうなると予想しているのか)など

全てで変わってくる
んです

ここで
ポイントになるのが

心でなにを考えているのか
どうなると予想するのかを

導き出すのが
私たち一人ひとりが

オリジナルで持っている記憶

だってところなんです!

例えば、『頑張っているね』と言われた時
労いの言葉をこれまでも言われてきた人は、そのまま受け入れることができる
でも
これまで「君はダメだね」と言われてきた人は、馬鹿にされているとか「もっとやれ」ってことだって受け取っちゃう

過去の記憶なんて
変えられないじゃないか!
だから自分は変われないんだ!

ってことじゃなくて・・・

辛さや悲しさを感じた時は
こんな風に思って欲しいんです

「あっもしかして
過去の記憶に引っ張られているかも。
悲しいように
辛いように
みえちゃっているだけかも」
って!!

これだけで、かなーり楽になるよ
辛さと悲しさのバーゲンセールから抜け出そう

↑こんな風に思えるようになったら
ゆっくり
過去の記憶を書き換えていけばOK☆

あなたの感じている辛さも悲しさも
あなたが自身が
減らせるし消していけます
からね〜
ご安心ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました