「我慢させられていた」ことに怒りが湧いてくる

この記事は約2分で読めます。

心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。
いつもありがとうございます。

現在、毎日8時掲載をしています(直接新着記事一覧へいく場合はこちら)明日もきてね!

たくさんの失敗をして、諦めることに慣れてしまっていた。

そんな私が失敗経験(ビターなアクシデント)からみつけ出した、今をよくする『盾と矛』を短めにピックアップしていきます。
盾で守り、矛で切り開く
あなたも使えそうだと思ったら是非ご活用くださいね。

あの人のお陰で我慢や無理をさせられた。
ひどく辛い思いをさせられた。
思い出すだけで
怒りが湧いてきてどうしようもない!

そんな時は…

気持ちはよーく分かるよ。ミチもあるから
でもね…

今回の盾と矛

自分に我慢や無理をさせたのはあなた自身

もちろん自分を責めちゃダメ!
だって、頑張って我慢も無理もしたんだから、これ以上いじめないで!
うまく対策していこ☆

あなたに我慢や無理をさせた相手も問題だ!
って気持ちも分かります。
私も思いましたから。
でも

何かのメリットがあって
自分自身に我慢や無理をさせることを
あなた自身が選択した

その場の空気を悪くしないため、カッコつけるため、お金のため、昇進のため、などなどがあるよね

なら
それを意識しちゃえばいいってことなんです。
自分自身にカッコつける必要なんてない。

「〇〇(メリット)だったから、我慢したんだな〜
でもなぁどっちがいいの?
想像よりメリット少ないな…次は我慢するのやめよっ」

なーんて、考えちゃえばいいんです。

我慢や無理をしなくてはならないなら
十分にメリットを享受しましょう。
そして
メリットが小さいなら
我慢や無理をする頻度を減らし
最終的にはやめちゃいましょ
❤️

コメント

タイトルとURLをコピーしました