いつも誰かの文句を言っている人が近くにいて疲れる

この記事は約1分で読めます。

心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。
いつもありがとうございます。

現在、毎日8時掲載をしています(直接新着記事一覧へいく場合はこちら)明日もきてね!

この記事は、他の場所に毎日掲載していた『失敗事例集(ビターなアクシデント)』で、こちらに移行してきた記事です。そのため他の記事と掲載方法等が違います。


たくさんの失敗をして、諦めることに慣れてしまっていた。

そんな私が失敗経験からみつけ出した、今をよくする『盾と矛』を短めにピックアップしていきます。
盾で守り、矛で切り開く
あなたも使えそうだと思ったら是非ご活用くださいね。

誰かの文句をいつも言っている
いつもだれかの欠点を探している

今そんな人が周りにいるって人へ

ミチもね、一緒になって言っていたよ
で、後で後悔してね、、、

今の人間関係が嫌で嫌で仕方がない
という場合

今回の盾と矛

その関係から離れないとあなたも同じ人間だと思われて、本当に育みたい人間関係を壊す

ことになります。

まぁ壊れないにしても、距離はとられるよね〜
だって『同じような人間(類友)』だって思われたくないもん

考えていただきたいのは
これから
あなたが付き合っていきたいと思っている人が
今のあなたの人間関係に混ざりたいと思うか

どうかってこと

あなたが嫌だと思っているその関係を継続すればするほど
あなた本当に求めている関係は遠のき
ます

素敵な人であればあるほど
自分が繋ぎたい関係が明確で自分で選んでいるからです

残念なことに
嫌な人間関係を選んでいるあなたとの関係は繋ぎたくないってこと
素敵な人ほどね

今の人間関係を変えることができない
今すぐは無理

という場合もあるでしょう。
その場合は、
自分はこの人間関係から距離を置くんだと心の中で決めましょう。
まずはここからです。

あなたはどんな関係を求めていますか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました