整理したはずの過去の辛い出来事が『引っかかって』忘れられない

この記事は約2分で読めます。

心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。
いつもありがとうございます。

現在、毎日8時掲載をしています(直接新着記事一覧へいく場合はこちら)明日もきてね!

これまでの私の失敗や学びの中で、これは知っておくとこの先ラクだよね!というものを少々スパルタ気味にピックアップしていきます。
私が何度も転んで気がついた『盾と矛(守りながら切り開く方法)』です。あなたも使えそうだと思ったら是非ご活用くださいね。

過去の出来事をちゃんと整理したつもりなのに
なにかが引っかかって
いつまで経っても忘れることができない。

どうしたらいいの?

普通のことだから心配しないで!

今回の盾と矛

あなたの中でまだ『知りたいこと』があるのかも

あなたの中で、辛かった出来事から、もっと知りたいことがあるってこと

辛い出来事が起こった時
どうにかして忘れようとしますよね。

心の整理をしたり
時間が解決してくれたり

いろんな対策をして
辛い気持ちはある程度は消えたし、
当時を思い出しても苦しくは無くなった

けど、、
なんとなくしっくりこない
モヤモヤする
喉になにか詰まったような不快感

実はこれもあるあるなんだよ〜

辛いや悲しさは消えたのに
なぜこんな気持ちが湧き出てくるの?

って思いますよね〜

なぜこんな気持ちになるのかというと・・・

その出来事から
もっと
『知りたいこと』『学びたいこと』がある
から、、、
あなたの中で終わりにならない

どうしたらいいのか?

「未来の私が処理してくれるから、一旦終了!」
って決めちゃおう☆

実は、あなたの中でまだその『知りたいこと』『学びたいこと』の姿がハッキリしていないからモヤモヤしてるの。まだそのタイミングじゃないってことね。

敵の姿がハッキリしてからバッサリやろう!
未来のあなたにお任せでOK!

あなたの中で
辛い出来事をちゃんと整理したのに
まだモヤモヤする。

こんな時
自分や誰かを責めがちです。

でも、
ポジティブな理由から嫌な出来事を忘れないこともあるんです。
ご安心くださいね。

未来のあなたがちゃんとスッキリさせてくれるから大丈夫だよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました