自信が欲しいあなたへ!自信の大前提はコレっ

この記事は約2分で読めます。

心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。
いつもありがとうございます。

現在、月・木の朝8時に新規掲載をしています【新着記事一覧へ】また、定期的に既存記事の更新更新記事一覧へ】もしているので、そちらもぜひどうぞ〜

これまでの私の失敗や学びの中で、これは知っておくとこの先ラクだよね!というものを少々スパルタ気味にピックアップしていきます。
私が何度も転んで気がついた『盾と矛(守りながら切り開く方法)』です。あなたも使えそうだと思ったら是非ご活用くださいね。

自信が欲しい!
どうして自分は自信がないんだろう。

私もずっと悩んできました。
でも、実は、、、
ただ闇雲に行動しても自信には繋がらなかったんです。

みちもね〜小さい頃から自信がなくてね、、

まず頭に入れておきたいのは

今回の盾と矛

自信=『自分受け入れ度』って大前提

自分を受け入れていない人は『自信がない』よね

自信は『〇〇を持っているから』『なにかをしてきたから』等で培われるものじゃないってことなんだ!

なぜ
自分を『受け入れている度』が
自信につながるかというと

弱さやダメさ
過去の失敗や恥
劣等感
などなど

↑のような自分を
受け入れず
認めず
隠していることが
あなたの弱い場所になる
から。

受け入れていれば
触れられたくない弱い場所はないので、どっしり構えられますでしょ?

弱いところがあると、怖くて仕方がないよね

弱くたってダメだっていいんです。

そこを自分自身が認めていれば
なんちゃーない
のです。

自信のある人は
なにかを持っていたり
お金を稼いでいたり
なにかを成し遂げてきた人じゃな

「私は弱い、あんな失敗もしてきた、あれもこれも・・・でも、それが私。それでいいじゃないの」

って
良いも悪いも全部ひっくるめて
受け入れられている
が最強です。

他人の目を気にする必要がないから『自信』になる

だからチャレンジができるし、笑っていられるんだね

自信がある人は
自分の弱さも失敗も受け入れているから
周りの人の弱さも失敗も馬鹿にしたりしないし
我慢を求めません。

『まずは自分から』っていうのはココに繋がるんだよね

コメント

タイトルとURLをコピーしました