不定期更新のお知らせ

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
現在立て込んでおり、ブログの更新が滞っている状況です。
落ち着き次第、またブログの更新をしていきますので、その際はよろしくお願いします。

足すのではなく引いてみる

コーチ兼カウンセラーのみちです。
いつもありがとうございます。

これまで「足す」のではなく「引く」ということにフォーカスすると自分の欲しいものが見つかるとお伝えしてきました。
なぜ「足す」と不足感を感じてしまうのでしょうか?

権威(学歴、会社名、給料、役職、知識等)
外見(体形、年齢等)
習慣 等
私たちは、「みんなが持っていて当たり前」、「あるべきもの」と思えば思うほど不足することに恐怖を覚えます。

さらに、
不足することになりそうな事柄

引き起こそうとしている人物
に対して苛立ちや不安を感じます。

その後ろ側にあるのは、やはり失うこと、いつもと違うことへの「恐怖」なんですよね。
ですので、私たちが感じやすい「不足感」は「恐怖」の対象でしかないのです。

何かで「不足感」を感じてしまったら、私たちはその恐怖を何かで補いたくなります。
でも大概は、なにで自分が「不足感」を感じたのか分かっていません。
ですので、

⇒ 見当違いのモノを足す
⇒ 一旦満足
⇒ 物足りなさを感じ始める
⇒ 探し始める
⇒ 見当違いのモノを足す(はじめに戻る)

というスパイラルに嵌っていくんですね。

ですので、そこから脱却するには、

①その事に気が付いて

私は昔から自信がない子でした。 「愛されない」と思っていたので、常に誰かに必要とされる自分でいたかったんですね。 その自信のなさを埋める為、誰かに必要とされる自分になる為に様々な事をしてきました。

②自分が本当は何を求めているのかを明確にして

よく質問を受ける、「自分が何を求めているのか分からない」ということについて

③自分は変わる、変えていく!と意識する。

「欲しい未来」をみる それは 自分の欲しい未来 であること 実は、欲しい未来(ゴール)をちゃんと決めてないってこと多いんです。

番外編として、我慢していた人は我慢しない!相手を認める。

自分の意見がないの? なんで自分の意見を言えないの? こんなセリフ言われたことありませんか? 私は何度もあります。 意見を言わないと「ちゃんと聞いているのか」、「やる気がない!」と、言われてきました。

わけもわからず「とりあえず足す」や間違えて足していたモノを引いていくことで、シンプルな本当に求めているものに気が付くことができると思います。

そして気が付いたなら得ればいい♡
それしか自分を満足させられませんから。
ぜひ、自分の求めるものを探し出してくださいね。

【2016/10/20記事を加筆転載】

今日も明日もいい日になりますよ♡

働く女性専門 コーチ兼カウンセラー みち
フリーター、契約・派遣社員を経験後、上場企業の経営企画部門で勤務。12年間勤務し、2016年にコーチとして独立。
現在、栃木県宇都宮市を中心に複数社の法人コーチとして活動しながら、働く女性専用コーチ兼カウンセラーとして個人のクライアント様向けのコーチングを実施。
さらに、セミナーを定期的に実施し、コーチングを広める活動をしている。
コーチングを通じて、他人の目を気にせず自分の欲しい未来を手に入れることの喜びを伝えたくて日々の活動とブログを更新。
好きなものは、猫、玉置さん(安全地帯)、温泉、旅行、自然、柑橘系

ご質問はお問い合わせフォームからお気軽にどうぞ

スポンサーリンク