もう疲れてしまった。でも、諦めたくない!!って思う時

この記事は約2分で読めます。

今までどおりが嫌な人のための
今を変える
『方法論』
心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。

いつもありがとうございます。

 

本編に行く前に・・・

現在、このサイトをカスタマイズ中です。表示やリンクに不具合が出る場合があるかと思います。もう少々お待ちください〜

***

法人向けオフィシャルサイトから記事を移動してきています。新着記事で上がらないのですが、旧法人サイト記事タグ更新記事から確認できます。
移動だけでなく少し手を加えていますので、是非どうぞ〜

もう嫌だ、疲れた。
でも、休めと言われても落ち着かない。
でもでも、疲れた。

そんな時は、え?って思う程のことからはじめてみませんか。

この記事はAmebloにも引用で掲載しています

簡潔にまとめると

疲れたと思った時

「じゃあ少し休もうか」と言われて
ありがたいとは思いつつも

「本当に休んでいいの?」

とか

「休んでいる期間がなにもしていないようで不安」

なんて思ったりしませんか?

でも、疲れているから、頭や体力を使う事はしたくない。
なら、、、

なにかを選択することをしてみよう

そんなのいつも選択しているよ
と思うのですが、、、

実は、習慣やなんとなくで選択している場合が多いです。

ぜひ、お試しくださいね!
あなたの癒しが隠れているかも⭐︎

ちょっと詳しく

疲れてしまったけど、
何もしないで休むというのは何ともいい気持ちじゃない。

そう思うのは仕方のない事ですが

こんな気持ちをもったまま休んでも
気が気じゃなくてゆっくり休めない

ってことも多いと思います。

そんな頑張り屋なあなたにおすすめなのが・・・
毎日、なにかを自分で選択するという事です。

なにを選択すればいいの

どのような事かと言いますと
たとえば、

いつも何も考えずに選んでいたコーヒーを
『今日の自分はなにを飲みたいかな?なにがいい?』
と自分に確認して欲しいのです。

いつものように、無意識に、コーヒーに手を伸ばすのではなく
その時の自分が何を飲みたいのか?をちゃんと選ぶ。

やっぱりコーヒー?ホット?アイス?
カフェオレ?
紅茶?
お茶?

どうでしょう。
疲れてしまった時も負担なくチャレンジできそうでしょう?

それから広げていこう

そしてできれば、
お昼に何を食べたいのか
散歩したいかしたくないか

自分でその都度、選択をしていく事を増やしていただきたいと思います。

そうすることによって、
あなたの疲れは癒え、なにかをやってみようか?という気持ちになり易くなってきますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました