チビ達のマウンテング

コーチ兼カウンセラーのみちです。
いつもありがとうございます。

私の家は公園が近くにありますので、公園にいる子供達の声が良く聞こえます。

聞こえてきた会話はこちら

A君:~でさぁ、俺はブランコに4歳からひとりで乗れるもんね。
B君:へぇーそうなんだぁ。俺は多分3歳くらいからかな。
A君:あっ、1歳くらいからだったかも。
B君:…ふーん。そうなんだ…。

「さすがに1歳で一人は無理だろうよ君たち!」
というツッコミをしちゃったツマラナイ大人です(笑)

何ですかこのチビマウンテングは!
頑張って「俺」っていっているところも可愛いし、ブランコひとり乗りマウンテング。
面白くて可愛くて、いまだに思い出し笑いをしてしまいます♪
5歳くらいなのかな?
とても可愛らしい会話ですよね♪

この会話を聞いて思い出したのが、
この記事

マウンテング=自分の方が上アピール
「マウンテング」されて苛立つ。 マウンテングって「あなたより私の方が上よ!」というアピールだと思っているかもしれませんが…実は「私はあなたより劣っている」というネガティブアピールです。 相手を可愛いなと思えたらこちらのもの❤

 

今回の子供たちのマウンテングネタは分かり易いですね。
明確に「自分の方が上だ」というアピールですよね。

でもどうでしょう。
聞いていてイライラしましたか?
もしくは、言われたのが自分だったらと考えたらイライラしますか?
そんなことで張り合ってバカみたい!って思いますか?

思いませんよね。
ただただ微笑ましいだけだと思います☺

そう、マウンテングされてもイライラしない秘訣は相手を「可愛い」と思える事なのかな~なんて思いました。
うんうん、これがコツですね♡

【この記事は旧Blogから転載した記事です】

コメント

タイトルとURLをコピーしました