無理に笑顔なんて作らなくていいよ〜

この記事は約2分で読めます。

心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。
いつもありがとうございます。

現在、週に1回程度で新規掲載をしています【新着記事一覧へ】また、既存記事の更新更新記事一覧へ】もしているので、そちらもぜひどうぞ〜

たくさんの失敗をして、諦めることに慣れてしまっていた…そんな私が楽になるためにみつけ出した、盾で守り、矛で切り開く☆方法をまとめたよ

笑顔でいなさい
笑顔くらいできないのか
愛嬌がないとね


なーんて
言われてきましたよね、私たち。
でも、無理に笑顔でいるってどうなんだろう?
って思いませんか?

今回の盾と矛

心と一致していない笑顔は必要なし

心と一致していないって分かった上で、『武器』として使う笑顔ならOK!

必要ないというより
意識せずに
心と一致していない笑顔を
使い続けることはオススメしません。

なぜかというと

内面(心)と外側(表情)が一致していないことに
無頓着になってしまうと
自分の気持ちがわからなくなってくる

以前もこちらの記事で触れましたが

私たちの脳は、「本当の感情」と「実際に表現する感情」に相違がありすぎるとストレスを感じるので、感情を無理にコントロールしていくうちに感情に蓋をするようになる

↑これって
感情に蓋ができると楽にはなるんです。
感じなくなるから。

でも
無気力になったり
自分が分からなくなったり
他人の目を気にするようになったり
などと
弊害の方が大きい
んです。

最近はマスクもしているし、ある意味楽だね!

職業上、笑顔は必須!
という方もいらっしゃいますよね。

そんな場合は
『自然と笑顔になるくらい楽しい職場』

反対に
『(ビジネスだから)笑顔を武器として使う』
なんてことを意識するといいです☆

『心からの笑顔』か『ビジネススマイル』か、どっちだっていいじゃん
あなたの中で、意識せずに顔に貼り付けるような『無理に作る笑顔』じゃなければいいんだよ〜

こんな風に思っていると、無愛想な態度にもなりにくいよん

コメント

タイトルとURLをコピーしました