逃げないことが『かっこいい』って勘違いしていたら苦しいよ

この記事は約2分で読めます。

心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。
いつもありがとうございます。

現在、月・木の朝8時に新規掲載をしています【新着記事一覧へ】また、定期的に既存記事の更新更新記事一覧へ】もしているので、そちらもぜひどうぞ〜

たくさんの失敗をして、諦めることに慣れてしまっていた。

そんな私が失敗経験(ビターなアクシデント)からみつけ出した、今をよくする『盾と矛』を短めにピックアップしていきます。
盾で守り、矛で切り開くあなたも使えそうだと思ったら是非ご活用くださいね。

逃げることはカッコ悪い
逃げることは負け犬だ


って思っていたりしません?
それって、、自分を苦しめますよん

ミチは恥ずかしいって思っていたよ。だから、逃げる時はコッソリ逃げたいと思ってた

逃げることを恥だって思っていると

今回の盾と矛

自分が逃げる(一時退避でも)状況を許すことができない

人間は口に出したことで自分を縛ることになるんだよ

どういうことかというと
他のことでもあるあるなんですが・・・

誰かに対して
「逃げたあの人はカッコ悪い」と言ったor思ったとします。

すると
言った人間(自分)の頭の中では
「逃げることはカッコ悪い」

と、記憶されます。

で、いつの日か
自分が
逃げるとか
後退するように見える状況を
察知した時
「『カッコ悪い』ことになるのは避けなくてはいけない。なぜならそれは恥だから」
と、無意識にも変換
され
的確な判断ができなくなり
保身にばかり目がいき
自分を『恥』から遠ざける言動をする
ようになります。

もしくは
行動する気持ちが失せてしまって
誰かの指示待ち
前回と同じ
というようなこと
になっているかも。
チャレンジや変化が苦手になってしまうんですよね。
『恥』に繋がるから

結構あるあるでしょ?

じゃあ、どうしたら
こんな風に思わないで済むのか?

それは、まずは

自分も他人も
ジャッジするのをやめる

他人は他人
自分とは違う考えだけど、それもよし
自分は理解できないけど、そういう考えもあるんだ
自分がやりたいからやる、他人は関係ない

『ジャッジする』ってことは、自分もジャッジされるという(自分への)刷り込みになるから、いいことなし!

逃げようが
カッコ悪かろうが
関係なし

自分の人生なんだから
他人の目線で決めなくていいんです。

もっと力を抜いて歩いていきましょ!

人間の世界だって、生き残ったもん勝ち☆
あなたが笑っていられる方へ逃げよう❤️

コメント

タイトルとURLをコピーしました