お盆あるある〜「あなたが辛いのよ」に苛立ったら

この記事は約2分で読めます。

心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。
いつもありがとうございます。

現在、月・木の朝8時に新規掲載をしています【新着記事一覧へ】また、定期的に既存記事の更新更新記事一覧へ】もしているので、そちらもぜひどうぞ〜

これまでの私の失敗や学びの中で、これは知っておくとこの先ラクだよね!というものを少々スパルタ気味にピックアップしていきます。
私が何度も転んで気がついた『盾と矛(守りながら切り開く方法)』です。あなたも使えそうだと思ったら是非ご活用くださいね。

お盆も終わりですね。

お盆に家族や親戚とあって、、
色々言われてげっそりしているあなたへ

みちはすでに撃退済みだよ

お盆あるあるの一つでもある
結婚、出産、昇格、、などなど
うんざりする『まだなのか』アピール

二言目にはでてくる
辛いのはあなた
あなたの為だから

と、言われたら・・・

今回の盾と矛

『あなた(お前)』を『お相手(言った人)』にすり替えよう

「相手の言っていることは正しい」って、あなたが心の中でちょっとでも思っているから余計に苛立つんだよ。今回はそこを取り除こ

心配してくれているのは分かるけど
もうウンザリ!
と思っている方も多いのではないでしょうか?

そして
そんなに今の自分はダメなの?
なんて自信を無くしてしまったり

どうして自分は
他の人と同じように出来ないんだろう
安心させてあげられないんだろう
なーんて自分を責めてしまったりね!

そんな必要全然ないからね

こんな優しいあなたへ

辛いのはあなた
あなたの為だから

と言われたら

結婚、出産、昇格などが
出来ないと不安になって
辛い(精神をお持ち
)のはお相手

あなたに
結婚、出産、昇格などを
してもらわないと
困る(ほど自信がない)のはお相手

あなたに対して言っているのではなく、お相手自身のモノサシでの話なんだ
それってあなたに関係ある?関係ないよね!

なので
そうなんだ〜この人は
色んなことが不安で辛いんだろうな
っていう目線で見て差し上げましょう。

相手のモノサシでの言葉に
あなたが傷つく必要なんてありません。

心配してくれていることには感謝をしつつ
あなたには関係ないことなので
スルー
でどうぞ❤️

言い返す必要さえないよ。

あなたを守ることを優先しようね

コメント

タイトルとURLをコピーしました