なぜ周りの人を攻撃したくなるのか?知っておけば怖くない

この記事は約2分で読めます。

心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。
いつもありがとうございます。

現在、月・木の朝8時に新規掲載をしています【新着記事一覧へ】また、定期的に既存記事の更新更新記事一覧へ】もしているので、そちらもぜひどうぞ〜

これまでの私の失敗や学びの中で、これは知っておくとこの先ラクだよね!というものを少々スパルタ気味にピックアップしていきます。
私が何度も転んで気がついた『盾と矛(守りながら切り開く方法)』です。あなたも使えそうだと思ったら是非ご活用くださいね。

なぜか周りの人を攻撃したくなる

この気持ち
わかる人も
わからない人も
いらっしゃるでしょう。

どちらにせよ、なぜ攻撃したくなるのか?を
知っておくと便利ですよ☆

みちは分かるけど、どちらかというと自分に攻撃してたタイプ

誰かを攻撃することで

今回の盾と矛

(無意識に)心のバランスをとっている

誰かを攻撃することで心のバランスが取れると知ってしまうと、それを繰り返してしまうから厄介なんだよね

こちらの記事でも触れましたが

私たち人間は
不安とか悲しさを感じ続けるのが苦手なんです。

なので

その不安や悲しさなどを
怒りに変換して発散したくなっちゃう

怒りに変換して
誰かにぶつけると

不安や悲しみだったものが
消えたように思えるんです。

しかし、それは勘違いで消えていません。

本人からすれば
消せたという成功体験となり
怒りに変換し発散するようになってしまう

でも、消えていないから繰り返され
自分がこんなことをするのは
発散する(心のバランスをとる)ためだになっていく

だから「自分だって被害者だ」、「自分は悪くない」、「仕方がなかった」っていう考えになるんだよね

もし
誰かを攻撃したいという気持ちになったら
なにか不安などがあるのかもしれない
振り返ってみたり
休息をあげて
ください。

そして、
あなたの周りに
いつもだれかを攻撃する人がいる場合は
どのような距離感でいるべきか
考えてみて
くださいね。

あなたを守れるのはあなただけだからね

コメント

タイトルとURLをコピーしました