身近にいる「失礼な人」への対策とは

この記事は約2分で読めます。

心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。
いつもありがとうございます。

現在、月・木の朝8時に新規掲載をしています【新着記事一覧へ】また、定期的に既存記事の更新更新記事一覧へ】もしているので、そちらもぜひどうぞ〜

お知らせ
現在、先着50名様限定のメッセージプレゼント企画を開催しています!あなたを苦しめる『罪悪感』を変換する方法をお申込みくださったあなただけに無料でプレゼント❤️ぜひ、コチラから手に入れてくださいませ♪

これまでの私の失敗や学びの中で、これは知っておくとこの先ラクだよね!というものを少々スパルタ気味にピックアップしていきます。
私が何度も転んで気がついた『盾と矛(守りながら切り開く方法)』です。あなたも使えそうだと思ったら是非ご活用くださいね。

どう考えても良いように取れない
なんでそんな態度なの!


なーんて
モヤモヤしたりイラッとしてしまう失礼なあの人。
どんな風に付き合っていけば良いのでしょうか?

↑は故意にしている人。今回は無意識に失礼な言動をしてしまう人対策だよん

今回の盾と矛

相手に対して『それいいね!』の意思表示をしない

笑って誤魔化しがちだけど、誤解されやすいからね

失礼な人の対策は離れることが一番です。

でも
親類、上司、ご近所などなど
そうもいかないってことも多いですよね。

そういう方の場合は・・・

笑う、頷く、同意するなどの
『あなたの言って(やって)いることいいね!』
と、取られかねない態度をしない

言葉にしなくても
あなたの言動は私にとって心地のいいものではありません
って伝えるんですね。

もちろん、言葉にしてもいいよ

なぜ、失礼な態度をしちゃうのか?
と、いいますと、、、

失礼な態度をすることで

相手の意識を自分に向けられたり
楽しんでもらえたり
注目されたり
などの

成功体験があるから

『こうしないと自分は見てもらえるような人間ではない』っていう自信のなさが隠れているよ

笑っちゃったりすると、喜ばれていると勘違いされて、相手の成功体験をより強固にしちゃうからオススメできないよ

と、いうことなので・・・

「(他の方はどうか分かりませんが)
私は失礼な態度であなたに意識を向けませんよ」
って
お相手にアピールする必要があるんですね☆

かと言って
怒るのは相手に意識を向けるのと同じです。

なので
笑わず、スルーするなり
『私はそうは思いません&楽しくありません』
とお伝えする
のがオススメです。

相手を攻撃する必要なんてないんだよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました