win-winと言われるとモヤっと嫌悪感がある

この記事は約2分で読めます。

心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。
いつもありがとうございます。

現在、月・木の朝8時に新規掲載をしています【新着記事一覧へ】また、定期的に既存記事の更新更新記事一覧へ】もしているので、そちらもぜひどうぞ〜

これまでの私の失敗や学びの中で、これは知っておくとこの先ラクだよね!というものを少々スパルタ気味にピックアップしていきます。
私が何度も転んで気がついた『盾と矛(守りながら切り開く方法)』です。あなたも使えそうだと思ったら是非ご活用くださいね。

win-winって言われるとなんだかモヤっとする。

なぜモヤっとしてしまうのか?
実は2通りあるんですね〜

win-winと言われてモヤっとしてしまう
ひとつがコチラ↑
win-winを使う側の内容だけど言われた側の気持ちにも触れています。

みちはどちらかというと、こちら↓のタイプだったよ

そして
もう一つは

今回の盾と矛

自分には返すものがないという焦りから

与えられたら返さなくてはいけない(思い込み)のに、自分には返せるようなものがない(思い込み)!!
っていう、思い込みによる申し訳なさ&自信のなさから出てくるモヤリ

win-winというのは分かる
ありがたいという気持ちもある

が、しかし

自分が(相手の満足できるものを)返せるとは思えない
自分は大したものを返せない
自分には返せるものがない

と思っているから
申し訳なさから不安になるし
求められたことに嫌悪感が湧いてしまう

相手をガッカリさせてしまう、もう依頼されないかもしれない、嫌われてしまうって不安があるんだよね。それが嫌悪感の発生源だよ。

あなた自身を追い詰めないために

100%または120%のものを
返そう(返さなくてはだめだ)
と思うのをやめよう

完璧や不備なくを求めると、こちらが苦しくなるだけだからね〜

できる範囲で頑張ればOK!って自分に許可をだしてあげて

誰かの期待に過剰に応えようとしてしまうから
無理したり我慢したりしちゃう
んですよね。

疲れ切ってしまうと
そもそも
頼まれることも
期待されることも
嫌になって
しまいます!

そうならないように
結果ではなく
あなたが頑張った過程を
あなた自身が褒めてあげて
くださいね〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました