緊張しないようになりたい!と思ったら・・・

この記事は約2分で読めます。

今までどおりが嫌な人のための
今を変える
『方法論』
心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。

いつもありがとうございます。

 

本編に行く前に・・・

現在、このサイトをカスタマイズ中です。表示やリンクに不具合が出る場合があるかと思います。もう少々お待ちください〜

***

法人向けオフィシャルサイトから記事を移動してきています。新着記事で上がらないのですが、旧法人サイト記事タグ更新記事から確認できます。
移動だけでなく少し手を加えていますので、是非どうぞ〜

重要な商談がある
プレゼンがある
人前で話す事になった
 等々
緊張しますよね。
そんなときの対策です。
ちょっとの対策で安心して挑戦することができますよ。

[法人サイトの記事を移転(お固めの記事あり)]

緊張しないために

そう思うから「緊張」する

「緊張したくない!」「緊張したらどうしよう」と思わない事です。
そう思えば思う程、緊張して身体と頭は固まってしまいます。

難しいのはわかっていますよ〜
次へいきましょう(笑)

なぜ「緊張」したくないのか

なぜ緊張してしまうのか?を是非書き出してください。

何に対して(どういう未来を予想して)
緊張してしまっているのか

を明確にします。

その対策をする

それが分かったら、対策法を考えてしまいましょう。

あなたオリジナルの!

「こうなったら嫌だ」ということが
発生した時の対策を前もってしてしまう
のです。

一般的に言われている「緊張対策」がうまくいかない原因はこれです。
私もあなたも、『緊張する根本原因』と『その対策』はそれぞれ違います。
それなのに、根本となる(オリジナルの)原因を探しもせず、誰かの対策を真似しても変わりません。

そしてゴールを設定しよう

いつもお伝えしているとおり
緊張するイベントがどのように終わったら嬉しいのか?
を考えてくださいね。

とりあえずこの3つの対策をしておくと
ある程度は緊張が和らぐのではないかと思います。

タイトルとURLをコピーしました