誰かを傷つけてしまった『罪悪感』を消す方法

この記事は約2分で読めます。

心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。
いつもありがとうございます。

現在、月・木の朝8時に新規掲載をしています【新着記事一覧へ】また、定期的に既存記事の更新更新記事一覧へ】もしているので、そちらもぜひどうぞ〜

お知らせ
現在、先着50名様限定のメッセージプレゼント企画を開催しています!あなたを苦しめる『罪悪感』を変換する方法をお申込みくださったあなただけに無料でプレゼント❤️ぜひ、コチラから手に入れてくださいませ♪

これまでの私の失敗や学びの中で、これは知っておくとこの先ラクだよね!というものを少々スパルタ気味にピックアップしていきます。
私が何度も転んで気がついた『盾と矛(守りながら切り開く方法)』です。あなたも使えそうだと思ったら是非ご活用くださいね。

過去、誰かを傷つけてしまった
そのことをずっと引きずってしまっている・・・

こんな罪悪感を消す方法はこちら

あるよね〜あるある。みちもたくさんあるっ

今回の盾と矛

イマジナリー(架空・想像上)の相手に謝ろう

馬鹿馬鹿しいって思う?これが思った以上に効くんだよ

自分が傷つけてしまった謝りたい相手

でも
連絡がつかない
もう会えない

という場合もありますよね。

そして、もちろん
自分から(怖くて)連絡ができない
と、いう場合も。

でも
定期的に思い出して
自分を責めて
その罪悪感に悶えちゃう

罪悪感は悪さをするから、早めに処理をした方がいいよ

では、どうしたらいいのか?

あなたの中でキッチリ相手に謝罪をする

想像上で構わないので
相手をちゃんと想像して
目の前に登場していただいて
あなたが満足するまで
あなたが満足するように謝る。

そして

あなた自身をあなたが許してあげる

「あの頃の私は未熟だった
でも、もう過ぎたこと。
相手にも謝ることができた。
もう私を許してあげよう。
お疲れさま」

なんて声をかけてあげて

罪悪感って結局は自分を許せないっていうあなたの気持ちなの
そこを整理しよう

罪悪感は
あなたを縛り付け苦しめます。

だからこそ
その縛り付けるものを
少しでも解いていきましょう☆

あなたの罪悪感と相手に謝ることは別物だよ!
相手に謝っても罪悪感が消えないことがほとんどなの
だから、まずは罪悪感をあなたの中で整理していこっ

コメント

タイトルとURLをコピーしました