過去の後悔や失敗を定期的に思い出して凹む

この記事は約2分で読めます。

心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。
いつもありがとうございます。

現在、毎日8時掲載をしています(直接新着記事一覧へいく場合はこちら)明日もきてね!

これまでの私の失敗や学びの中で、これは知っておくとこの先ラクだよね!というものを少々スパルタ気味にピックアップしていきます。
私が何度も転んで気がついた『盾と矛(守りながら切り開く方法)』です。あなたも使えそうだと思ったら是非ご活用くださいね。

過去の後悔や失敗を
定期的に思い出しては
なんであんなことを・・・・

なーんて、頭を抱えているあなた!
そこから抜け出しませんか〜

みちもあるある過ぎて辛い

今回の盾と矛

自分を責めずに、どんな自分で居たいのか?と切り替えよう

ここで自分を責めるから抜け出せないんだよ

過去の失敗や後悔を
思い出して
発狂しそうになったり
ショックを受けて
ゲッソリ凹む

うーん、あるあるですね。

そんな時、
やりがちなのは自分を責めること
でも
正直
過去の自分なので責めても仕方ないんです。
凹みが増すだけ〜

過ぎた過去の自分を責めても何も変わらないよね

なので、
サクッと抜け出すのが良いです。
心と身体のためにも

では、どう抜け出すか?

自分を責めたくなる自分に
まずは
「それでもいいよ」って伝えてあげて

自分を責めちゃうあなたのことも責めちゃダメ!
責めちゃうあなたも嫌わないで

から

あなたが『こういう自分がふさわしい』と
思っているのか

決めちゃおう

今のあなたは『過去のダメな自分がふさわしい』になっているってことよ〜

あなたはどんな自分が
あなたにふさわしいと思っていますか?

失敗するあなた?
ダメなあなた?

そんなものゴミ箱に捨てて

なんでも楽しんじゃうあなた
好きなことをとことん楽しむあなた

っていうような
あなたに『ふさわしい』あなたを決めてね♪

いつの間にか、あなたが『ふさわしいと思っているあなた』になっていくよ〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました