カラダとココロの休め方‐マインド編①‐

この記事は約2分で読めます。

今までどおりが嫌な人のための
今を変える
『方法論』
心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。

いつもありがとうございます。

 

本編に行く前に・・・
法人向けオフィシャルサイトからの記事移転が完了しました!新着記事で上がらないのですが、旧法人サイト記事タグから確認できます。移転だけでなく少し手を加えていますので、是非どうぞ〜

今回は、頑張り過ぎて疲れてしまった人の休み方 マインド編①です。
長くなってしまったので、2つに分けました。

[法人サイトの記事を移転(お固めの記事あり)]

行動編を先に掲載したのは、疲れきっている時は何も考えず「休息」が一番だからです。
まだちゃんと休めていないという方は、マインド編にさらっと目を通しつつ、行動編もお役立てくださいね。

今回は、まず、、
この考え方をしないと休んだことになりませんよっというものをまとめてみました。

【重要】やらなくていいこと

頑張り過ぎて疲れてしまったときにやらなくていいことは、
無理に

①気持ちを切り替えようとすること
②プラスに考えようとすること
③今の辛さに意味づけをすること

です。
何故やらなくていいのかは別記事にまとめました。必要に応じご確認くださいね。

疲れてしまったご自分を否定せずに「今、自分は落ちている」と認めてしまいましょう。
落ちることはあたり前、ネガティブな気持ちは悪いものではないからです。
あなたが弱いからじゃない、あなたがダメだからじゃないのです。

「やらなければならない」ことはない

やらなければいけないことはありません。

今、あなたが
「何をしたいのか?」
必要なのはこれだけです。

今の辛さに縛られることなく、
あなたの欲しい未来はどのような物ですか?

それを考えませんか。

タイトルとURLをコピーしました