その情報を信じる前にできること

この記事は約2分で読めます。

今までどおりが嫌な人のための
今を変える
『方法論』
心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。

いつもありがとうございます。

 

どんな情報でも、誰かの意向が反映されている。
絶対に忘れてはいけないポイントになってきます。

ちょっと残念なことがあって…某俳優さんが芸能界引退されたようで。
大好きな俳優さんの一人でした。
やる役すべてが印象的で…とても残念です。

でも、それがご本人の選択なのであれば、他人は何もいう権利はありません。
これまでの俳優人生お疲れさまでした。
こころに残る素晴らしい俳優さんでした。

そして、これからまた騒がれてしまうのだろうか…と思うと心が痛いです。
一般人となられたのですから、早急に穏やかな環境になる事を切に願います。

マスコミとは本当に恐ろしいというのが私の感想です。
更に、その情報で踊らされてしまう大衆が恐ろしい

私たちは、テレビや雑誌の情報を「ホンモノ」だと信じやすいのです。

テレビでやるんだから、本当だろう
雑誌に載ったんだから、本当だろう
皆が言うんだから、本当だろう

本当にそうでしょうか?
正確な情報でしょうか?

どんな情報でも
「本当?なぜ今この情報がでてきた?」
という意識を持ちながら情報に触れていただきたいなと思います。
それが私たち自身を守るという事につながります。

【この記事は旧Blogから転載した記事です】

コメント

タイトルとURLをコピーしました