あなたが傷つけられるのを許さないで


この記事は約3分で読めます。

働く方専門
あなたの『今』を変える
心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。

いつもありがとうございます。

 

モラハラの旦那様に変わってもらうためのファーストステップ☆
自分が「丁寧に扱うべき(大切な)存在」と知ることから始めましょう。

 

いやー今年も今日入れて2日❤
なんだか切り替わりのタイミングっていいですよね。
色々やりたい衝動がでてくる季節です。
何をしましょうかね☺

 

さてさて、
年末年始が憂鬱な方もいらっしゃいますよね。

久々にあう親戚との付き合いとか
いつも一緒にない家族との時間とか
パートナーに会えないとかとか

 

今日は、LINEセッションでご質問を受けたことをこちらでも共有したいと思います。
掲載の許可はいただいています☆

 

どちらかというとモラハラ系の旦那。
年末年始の数日間を一日中一緒にいることを考えると本当に嫌で…
こういう場合はどう考えたら楽になれますか?

 

私がお聞きしたいのは
「あなたはそれでいいと思っていますか?」

嫌だけど、私も悪いのかもしれない?私の事を思ってしてくれている?
残念ながら違います。

誰かを攻撃する人は
自分を守るためにしているので、
相手の事はサンドバックにしか見ていません。

そう、そもそも人間として見ていません。
ですから声をあげるべきです。
「私はこうされるのは嫌だ」

 

ですが最初からは言いにくいですよね。
まず最初のステップは
こういうことをされても仕方がない自分」だと思うのをやめましょう。

養ってもらっているから?
女だから?
妻(彼女)だから?
部下だから?
〇歳だから?
おばさんだから?
相手が好きだから?
頭が悪いから?
要領がわるいから?

…されて当たり前?
んなことあるかーい!

違います!
その前にあなたは人間です。

相手と対等の人間です。
上下などありません。
嫌なことをされて我慢する必要は一切ない。
雑に適当に扱われていい存在はない。

ですので、
「私はこういう扱いをされていい人間(存在)じゃない」と思う事がファーストステップです。

あなたがご自分を「丁寧に扱うべき(大切な)存在」だと知ることから始めましょう☆

そもそもハラスメントとは
「嫌がらせやいじめ行為」ですが、今は30種以上があるようですね。

パワーハラスメント、モラルハラスメント、セクシャルハラスメント、マタニティーハラスメント、ジェンダーハラスメントなどなど

 

忘れていけないのは

そういう意味でやったわけではない
相手の為だった
相手も分かってくれている
自分もこれまでされてきたんだ

なんて加害者の言い訳にしかなりません。

 

よく言う人がいるのですが
「分からない奴には痛みを与えないとだめ」って言葉。

分からせられない」のは言った人自身
理解させられない」のは言った人自身

そりゃ相手を攻撃しても満足しませんわ。
自分に不満なんですから。

 

誰かに傷つけられて辛いという場合。
あなたが傷つけられていい理由など一切ないということを忘れないでくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました