愛を伝える順番


この記事は約2分で読めます。

働く方専門
あなたの『今』を変える
心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。

いつもありがとうございます。

 

自分から伝えるなんて!先に好きっていうなんて!そんなことできない!と思う事ありますよね。
でも、勝ち負けなんて関係なく、あなたの気持ちを伝えればちゃーんと伝わります。

 

我が家のにゃん はるちゃん

私のことが大好きで片時も離れません。
私にとっての冬のこたつ、ミカン、ねこはハッピー3種の神器♪
まぁ猫は年中ですが…


↑手の丸め具合がなんともメンコイ!!

 

さて、そんな私が大好きな「はるちゃん」ですが、我が家に迎え入れた時は誰にも懐きませんでした。
と、いうか「人間は敵」と思っていたんですね。

「はる」を見つけたのは、川の中でした。
川に落とされたのか、落ちてしまったのかは分かりません。
その恐怖が「人間は敵(恐怖の対象)」という気持ちになったのでしょう。

最初は近くに寄る事も出来ませんでした。
少しずつ、傍にいる時間を長くして、遊んで距離を縮めて行きました。
最終的にグッと距離が近づいたのは間に「まむ」が入ったからなんですけどね(笑)

↓まむ

ヘソ天が標準です(笑)

多分「あの人、ヘタレのねこバカだから大丈夫。」とでも言ったのでしょう(笑)

 

さて、やっとの今日のネタ
気持ちを示す順番ですが…

↑でお話ししたとおり、私は「はる」に片思いだったんです。
これって、私たちの恋愛事情にも言えることで、最初から両思いなんて無いですよね。

 

ですので、私が「はる」にしたように少しずつ
酷いことしないよ
私はこういう人だよ
大好きだよ
一緒に楽しもう

って
態度や言葉でお伝えするところから始まるんです。

なので、何もしないで
「あー私のこと好きになってくれればいいのに」
じゃダメって事です。

 

でも、言葉や態度だけで伝えればいい?っていうとそうとも限りません。重要なのは…

言葉や態度にちゃんと気持ちがのっているか?
あなた自身が伝えたいのか?

このふたつを合わせると、ちゃんとお相手に伝わります。

 

さらに
気持ちを伝えるのは
貰ったから返すのではなく自分が伝えたい人に伝える
ってことが大切です。

「気持ちを伝えた方が負け」と思いがちですが、そんなことありません!
そもそも勝ち負けなんてありませんよね。

伝えたい時に伝えたらいいじゃない?

あっ無理に態度や言葉で示せってことじゃありませんので、ご安心を

【この記事は旧Blogから転載した記事です】

コメント

タイトルとURLをコピーしました