私だってやる気がでない時があるのだ!

この記事は約2分で読めます。

今までどおりが嫌な人のための
今を変える
『方法論』
心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。

いつもありがとうございます。

 

本編に行く前に・・・

現在、このサイトをカスタマイズ中です。表示やリンクに不具合が出る場合があるかと思います。もう少々お待ちください〜

***

法人向けオフィシャルサイトから記事を移動してきています。新着記事で上がらないのですが、旧法人サイト記事タグ更新記事から確認できます。
移動だけでなく少し手を加えていますので、是非どうぞ〜

少し前からやる気バロメーターの上下が激しい状況が続いております(笑)
「えっコーチなのにそんなこと言っていいの?」って思いますよね。
もちろん良いのです。
だって人間ですもの。上下があって当たり前です。

 

こんな時にコーチとして気を付けているのは、
無理に抜け出そうとしないこと
必要なタイミングだからこの状況が来ていると考えます。

 

じっくり何かを考えたり(整理したり)
または
身体や頭を休めたりする
必要なタイミングなんです。

 

こんな時は
好きなことに没頭したり
癒されることをしたり
ただただボーッとしたり

私たちは無理をするのが当たり前になっています。

そして無理をすればする程、
周りの人にも無理をすることを望みます。
更に、
無理をしてやる気を失ってしまった人、
身体や心を痛めてしまった人を攻撃したりします。

 

自分に仕事が回ってくる
仕事が終わらない
ちゃんとしてくれないと困る
楽している!
等と

相手に苛立ちを向けますが、結局は自分も休みたいのです。
ただ単に羨ましいのです。

 

ちゃんと考えれば、
自分も相手もちゃんと休んで仕事をした方が生産性はあがるって分かるのにね。

もったいないなーと本当に思います。
無理をすればするほど回復が遅れてしまうのに。

 

まずは
「なんか疲れちゃたな」
ってあなた自身が認識するところから

そして
「(自分の為だけでなくみんなの為にも)ちゃんと休もう」
と決めましょうよ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました