優しい・いい人でいないといけない!って思ってる

この記事は約2分で読めます。

心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。
いつもありがとうございます。

現在、毎日8時掲載をしています(直接新着記事一覧へいく場合はこちら)明日もきてね!

たくさんの失敗をして、諦めることに慣れてしまっていた。

そんな私が失敗経験(ビターなアクシデント)からみつけ出した、今をよくする『盾と矛』を短めにピックアップしていきます。
盾で守り、矛で切り開く
あなたも使えそうだと思ったら是非ご活用くださいね。

優しい人間でいよう
気が利く人間でいよう
誰かを気遣える人間であろう


なーんて、思っていると、、
苦しくなってきませんか?!
あなたを苦しませるならやめちゃいませんか?

今回の盾と矛

『優しい自分』でいようとすると、優しい自分でいられなくなる

優しくない自分を否定しているから、苦しさだけが積み重なるんだ〜
そして爆発しちゃう

さらに『優しい人』でいようとすると、そこを悪用しようとする人が現れるよ

『優しい自分でいる』

そんなことよりも
自分らしくいようとすることに集中しませんか?

『自分らしく=自分勝手』じゃないからね!
自分が自分らしくいれれば、周りの人にも自分らしくいることを願える
自分が我慢しているから周りの人にも我慢を求め、自分が辛いから周りの人にも辛い状況を求めるってこと

優しさから程遠いよね

自分らしく=自分勝手
だと思っているのなら
それは
だれかの考えに引っ張られてしまっている

あなたの本当の自分らしさは誰も傷つけないから安心しして!

優しい人でいちゃダメってことではなく、「『優しい人』であろうとする」のはOK!
でも、自分のできることをできる範囲でする。もちろん、なんの見返りもなくね!

カッコつけたり
良い人に見られるための
優しさなんて捨てちゃお

コメント

タイトルとURLをコピーしました