『バチ』をあてるのは誰なのか

この記事は約1分で読めます。

心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。
いつもありがとうございます。

現在、毎日8時掲載をしています(直接新着記事一覧へいく場合はこちら)明日もきてね!

この記事は、他の場所に毎日掲載していた『失敗事例集(ビターなアクシデント)』で、こちらに移行してきた記事です。そのため他の記事と掲載方法等が違います。


たくさんの失敗をして、諦めることに慣れてしまっていた。

そんな私が失敗経験からみつけ出した、今をよくする『盾と矛』を短めにピックアップしていきます。
盾で守り、矛で切り開く
あなたも使えそうだと思ったら是非ご活用くださいね。

「〇〇をしたらバチが当たる」
昔から言われてきたし、無意識に思ってしまってる。
でも誰がバチをあてるんだろう?

ミチも信じていたよね〜

今回の盾と矛

バチをあてるのは自分

ネガティブなことが発生して
あぁあれのバチがあたったんだ

思いつくのは自分自身
ですよね〜

バチがあたるに違いないと思っているから
バチがあたった証拠を集めを始める

だから、みつかるってだけ!

探さなければ気が付かないよね
見つけなければバチだなんて思わないよね

そもそも神様ってそんなに暇なの?

コメント

タイトルとURLをコピーしました