人に会いたくないという気持ちの裏側


この記事は約2分で読めます。

働く方専門
あなたの『今』を変える
心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。

いつもありがとうございます。

 

「あまり人に会いたくない」と、いう気持ちになるときありませんか?
私も定期的にそういう時期があります。
それは数時間だったり数か月だったり。
あっていいんですよ。そんな時が。

 

ただ今、のんびりチェックアウト準備中です。
博多からお送りする最後のブログになるでしょう(笑)

旅行中、天候も崩れることなく過ごせてよかったです。
雨になったら、ホテルに籠るのもいいかも
って思っていたからでしょうかね。

ホテルも思った以上に綺麗で広くて大満足♡
昨日の屋台の話はまた今度(笑)

今回の旅も、様々な人との出会いが貴重な経験になりました。
本当にありがたい☆

私は、あまり人に会うのが好きじゃありませんでした。
それは、自分に自信が無かったから。

好かれる自信がない
相手が求めるものを返せる自信がない
相手に楽しい時間を過ごしてもらえる自信がない

でも、裏を返せば

好かれたい
私に会うことで得るものがあったと感じてほしい
楽しかったと思って欲しい

という気持ちがあるからなんですよね。

これこそが、自分の気持ちを分かってないって事

自分は、相手に会いたいの?ってだけでいい。

さらに
自分は会いたくないけど、会いたいって言ってくれるから…
なんていう「自己犠牲精神」なんて
相手を侮っているだけの失礼な行為。
相手だって感じるし、自分がかわいそう。

 

今回の旅を含め
会いたい人に会う。
会いたくない人に会わない(笑)
って普通に選択ができる様になった自分に感謝。

実は、それって当たり前
でも、出来ないんですよね…
何があろうと、自分を責めたり卑下する必要はありません。
ちょっとずつ使いこなしていきましょ♡

【この記事は旧Blogから転載した記事です】

コメント

タイトルとURLをコピーしました