なんで頑張っちゃいけないの??頑張ることしか出来ないって思っているあなたへ


この記事は約3分で読めます。

働く方専門
あなたの『今』を変える
心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。

いつもありがとうございます。

 

これまで頑張ってきた。
これからも頑張るつもり。
なのに、なんで『頑張るのやめれば?』なんて言われなくてはいけないの?

この記事はAmebloにも引用で掲載しています

簡潔にまとめると

頑張っているのに

もっと気楽に考えて
頑張るのやめれば?

って言われなくちゃいけないの?

うんうん、分かるぅ(*’ω’*)
私もそう思っていたから。
頑張るのってとっても素敵。
やりがいとか達成感とかいいよね。

 

『めいっぱい頑張る』と
『いい塩梅♪(頑張らない)』を
両方味わってきた私から
頑張っているあなたへ。

 

何度か記事にしてきていますが
これまでとは違った角度で
なぜ頑張らないことがオススメなのかっていうと

 

ここぞっていう頑張り時に頑張れないから
 

それって残念ですよね。
だからこそ、
力を抜きつつ、いい塩梅に!
頑張るがベストじゃないかなって思います。

ちょっと詳しく

100%の力を出すべき!?

なんで頑張っちゃいけないの??
って思う方は殆どの場合

毎日ダッシュ
常に本気、全力

いつも100%の力を出すべき(出さないといけない)だって考えなんですよね。

そうなると…
予期できない想定外のことが発生したときに使える力がない場合がほとんど。

イメージ的には
常に綱渡りしている状態だから、他のことが出来るかいっ!って感じかな?

こんな風に頑張っているのに・・・
緊張する時間をすごしているのに・・・
やりたくもない綱を渡っているのに・・・

「綱渡りするのやめれば?」なんて言われたら
『はぁん?』ってなるよね。

まぁこちらの記事も参照に↓

我慢するのやめたら?頑張るのやめたら?という言葉に苛立ったら
我慢する(頑張る)のが大人だ。 我慢する(頑張る)のが普通だ。 我慢する(頑張る)のが当たり前だ。 っていう考え方をしていると… 必要のない我慢(頑張り)をすることになりますよ。

こんな流れでやる気を失う

いつも頑張っているから
予期できない想定外のことが発生したときに
使える力(気力・体力等の余力)がない

↓(日々のことで精いっぱい)

うまく対処できなかった

↓(自己・他者嫌悪)

頑張れなかった自分は…と自信を無くす
&
周りの人が嫌な人間に見える

↓(より視界を狭める・不安が高まる

よりガムシャラに頑張る(上に戻る)
or
全てにやる気をなくす
or &
他の人を信用できなくなる

なんで頑張ってしまうのか?

真面目な方、頑張り屋の方は特に
全力・必死・本気でない事に
嫌悪感を抱きやすいです。

誠実じゃない
仕事なんだから
大人なんだから
しっかりやらないと

本当にそうかな?
って
一度止まって考えてみてください。

 

考えてそうだと思うなら
また進めばいい。
違うと思うなら
別の道を探しましょ。

最後に

特に今のように
不安定な時期は
気力体力等に余力をもつのが
なによりも大切です。

これまでも何度も言っていますが
頑張っている人こそ、
その頑張りが活かされ”楽”になって欲しい
と心から思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました