我慢するのやめたら?頑張るのやめたら?という言葉に苛立ったら


この記事は約2分で読めます。

働く方専門
あなたの『今』を変える
心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。

いつもありがとうございます。

 

我慢する(頑張る)のが大人だ。
我慢する(頑張る)のが普通だ。
我慢する(頑張る)のが当たり前だ。

っていう考え方をしていると…
必要のない我慢(頑張り)をすることになりますよ。

 

「我慢しなければいいのに」
「もう頑張るのをやめれば?」

って言うと、殆どの方が
「はぁ?」っていうような不快感を示します(笑)
それで喧嘩になったというご相談もよくいただくのです~

 

 

我慢する(頑張る)のが
普通で、大人で、当たり前で
そうしないといけない
って思っていると、、、

「我慢し(頑張ら)なければいいのに」
という言葉に過剰に反応してしまうのでしょうね。

本当は、我慢したくないし、もう頑張りたくないから
その裏返しなのです。

 

忘れないでいただきたいのは・・・

「我慢し(頑張ら)なければいいのに」

というお相手の言葉には
これまでのあなたの我慢や我慢してきた気持ち、頑張りを認めないってことじゃないのです。

 

あなたは頑張ってきた。
沢山我慢してきた。
だからこそ、
もっと楽に考えようよ。
楽になろうよ。

っていう心からの気持ちなのです。
同情でも蔑みでもないんです。
どうぞ間違って受け取らないでください。

 

我慢しなくていい。
頑張らなくていい。

という言葉を言ってくれる人を大切にして欲しいと私は思います。
それが、あなたが楽になる第一歩になるでしょう。

 

そして、

無駄になってしまう我慢、頑張り

無駄にならない我慢、頑張り

の違いが
あなたの中で見えてくるようになりますよ。

 

ちょっと辛口な記事をお求めの場合(笑)↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました