苦しい努力をやめたいあなたへ-やりたいからやるってどういうこと?-

この記事は約2分で読めます。

心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。
いつもありがとうございます。

現在、週に1回程度で新規掲載をしています【新着記事一覧へ】また、既存記事の更新更新記事一覧へ】もしているので、そちらもぜひどうぞ〜

たくさんの失敗をして、諦めることに慣れてしまっていた…そんな私が楽になるためにみつけ出した、盾で守り、矛で切り開く☆方法をまとめたよ

努力や頑張ることをやめたい。
もう疲れた。

そんなあなたへ

みちは、努力なんてしなくて良いって甘い言葉に騙されがちだった

「努力はしない、やりたいからやる」
にイラッとしていた私(笑)

一体どういう事なのか
ちょっと紐解いてみました〜

確認したいポイントはこちら

今回の盾と矛

努力を成功の条件にしていないかな?

私は『努力』が好きじゃなかったんです。

だって
全然楽しくないし
成果はでないし

小さい頃から言われてきたし
努力ができない=ダメ子認定だし

もうやってられるか!
なーんて思ってましたね(笑)

あなたもそう思わない?

そこで疑問に思ったのが
成功している人がよく言う

「努力はしていない
(やりたいからやっている)」

これに対しても、みちは「嘘おっしゃい」と思ってた

で、ですね
『やりたいからやっている』を紐解くと

成功、達成、栄光、評価などの条件として
努力を含めていない

周りから『努力と見られる行動』は、やりたいからやっているので『やらねばならないモノではない』って考え

この考え方だと『やらされている感』がなくて、やる気などを奪われないってことだね!

努力(苦しい思い)をしないと、、
成功できない
達成できない
栄光は掴めない
評価されない

欲しいものは手に入らない
という考え方をしていない

私たち人間は押し付けられる事が大嫌いだから、こういう考え方だとやる気なんて出るわけない

なぜ努力をするのか?
それは成功
のために必要だから

これは当たり前のように言われてきましたよね。
でも、違ったんです。

あなたがもし
今の努力が苦しくて辛くてたまらない
と、いう場合

あなたが手に入れたいものを得るための
『条件としての努力』を
すぐにやめるのは難しいですよね。

ですので、まずは
これまで頑張ってきたあなた自身に花丸をあげてください。

「辛いって思うくらい、長年頑張ってきた私すごい!お疲れさま!!」って声をかけてあげててね

コメント

タイトルとURLをコピーしました