【不幸思考を変える】誰かを攻撃すると自分に返ってくる法則があるよ

この記事は約2分で読めます。

心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。
いつもありがとうございます。

現在、月・木の朝8時に新規掲載をしています【新着記事一覧へ】また、定期的に既存記事の更新更新記事一覧へ】もしているので、そちらもぜひどうぞ〜

たくさんの失敗をして、諦めることに慣れてしまっていた。

そんな私が失敗経験(ビターなアクシデント)からみつけ出した、今をよくする『盾と矛』を短めにピックアップしていきます。
盾で守り、矛で切り開くあなたも使えそうだと思ったら是非ご活用くださいね。

なんだかイライラして
その人の言動が嫌で

周りの人を攻撃してしまうってことありますよね。
攻撃するつもりがなくても
結果そうなっていたり。

そういう時って
こちらに戻ってきちゃうんですよね〜

攻撃したくてしてるんじゃないんだけど・・・
ってあるよねぇ

今回の盾と矛

自分が発したネガティブな感情は必ず戻ってくる

これねぇ
私も嘘でしょ!?
って思っていたんです。

でも、本当でしたわ(笑)

あなたは誰かを
攻撃する時どんな言葉を使いますか?

そんなこと覚えてないし
考えて話してないって方が
ほとんどだと思うのですけど・・・

「もう少ししっかりしてくれないとこちらが困る」
「そんなことしてると、呆れられるよ」
「いい歳なんだからもう少ししっかりしたら?」

ミチがよく言われていた言葉をピックアップしてみたよ

例えば
↑のような言葉を発したとしますよね。

すると、発した人は・・・

しっかりしないと誰かを困らせる
→失敗することへの不安
自分の行動で誰かに呆れられる

→行動することへ不安
年齢を重ねたらしっかりないといけない

→年齢を重ねることへの不安

って自分に言い聞かせてることになるんですね〜
不安や恐怖が積み重なってくぅ!!

人間って素直だから、自分が口に出したことに縛られちゃうんだよ!

誰かに優しくすることって
自分に優しくすること
なんですね!

そして

自分に(本当に)優しい人は
他人にも優しい人
なんですよ❤️

プラスでもマイナスでも発せられたものは発した者にもどる。それがネガティブなら余計に

コメント

タイトルとURLをコピーしました