親身になりすぎて痛い目をみがちな「お節介ちゃん」になる前に

この記事は約2分で読めます。

心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。
いつもありがとうございます。

現在、月・木の朝8時に新規掲載をしています【新着記事一覧へ】また、定期的に既存記事の更新更新記事一覧へ】もしているので、そちらもぜひどうぞ〜

たくさんの失敗をして、諦めることに慣れてしまっていた。

そんな私が失敗経験(ビターなアクシデント)からみつけ出した、今をよくする『盾と矛』を短めにピックアップしていきます。
盾で守り、矛で切り開くあなたも使えそうだと思ったら是非ご活用くださいね。

知人の話を聞いて
じゃあ
どうにかしてあげよう
面倒みてあげよう

なーんて関係ないのに首を突っ込みがち

痛い目をみるってあるあるですよね〜

若かりし頃はやっていたなぁ

↑の続きのような内容かな

ついついお節介しちゃうってありますよね!
私も昔はよくやっていました(笑)

結局
事が大きなったり、悪方向になったりね〜
大体上手くいかないよね…

最近では大人になったというか
色々学んできているので
なくなりましたが。

でも時々
首を突っ込みそうになる時はあります。
そんな時に注意しているのはココ

今回の盾と矛

そもそも、誰の悩み・辛さなのかを切り分け

そう、私の悩みじゃないからね。
だから放っておけってことじゃなくて、その悩みや辛さを私が一緒に感じてその人がラクになるのか?ってこと。違うよね?

冷たく聞こえるかもだけど、何か問題がある時こそ、冷静な人間が必要だからね!

同情されたいって人もいる。そういう人の場合は特に深入り禁止

でも、どうしても
可哀想だからそうにかしてあげたいって気持ちが
止められなくなったら
最終チェックはこちら

誰かの役に立つ事で
自分の存在を示したい
&
自分の有益さを示したい
って気持ちはないか?

さらに
相手(助ける対象)じゃだめだからと
相手を下にみていないか?

(助けてあげないといけない存在)

誰かの役に立つなら・・・って考えは自己満足なんだ。
だから、上手くいかないの

↑これを考えるだけで
お節介が減ります(笑)

お役に立ちたいっていう気持ちはいいんだけど
一歩踏み出す前に
頭の片隅にいれておくといいチェックポイントでした〜

自分が弱っている時こそ、お節介したくなって、結局ぐちゃぐちゃに。。。って展開が多いからね〜ご注意☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました