「お高くとまっている」と言われがちな、勘違いされやすいあなたへ

この記事は約2分で読めます。

心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。
いつもありがとうございます。

現在、毎日8時掲載をしています(直接新着記事一覧へいく場合はこちら)明日もきてね!

これまでの私の失敗や学びの中で、これは知っておくとこの先ラクだよね!というものを少々スパルタ気味にピックアップしていきます。
私が何度も転んで気がついた『盾と矛(守りながら切り開く方法)』です。あなたも使えそうだと思ったら是非ご活用くださいね。

「あの人ってお高くとまっているよね」
「なんかこっちを見下してくるよね」

なーんて言われやすいあなた!
なにが悪いんだろう?
って悩んでいませんか?

みちも「お高くとまってる」って何度も言われてきたんだ〜
でもね、悩まなくたっていいんだよ〜

みんなと仲良くしなさい
愛想よくしなさい
って
小さい頃から刷り込まれてきたから

今回の盾と矛

自分と同じ努力をしない人堂々としている人攻撃する

『いい子でいないとだめ』って小さい頃から言われてきたから、『いい子じゃない子』を排除しようとするんだよね〜
そもそも、みんなと同じにする努力なんて必要ない

みちはただの人見知りとヘタレだっただけなんだけどね

以前の私の職場は年配の方が多かったと言うのもあり
色々言われました(笑)

お高くとまっている
偉い人にだけ愛想がいい
目立ちたがり
パートを馬鹿にしてる

聞こえるように言ってくるし
そんなつもりはなかったから
当時は傷つきましたね。

まぁ言っている人はさ、だいたい身近な人じゃないんだよね〜

こういうことがあると、他人の顔色を見ちゃうようになるんだけど、、、まずは自分を回復させないとね

自分のことは自分で守ろう

色々学んで対策ができるようになりましたよ☆

まずはこのふたつに気を使うと楽になります〜

●自分が敏感になっているって知るこ

●相手と自分を切り離すこと

なにを置いても自分のケアを優先してね

コメント

タイトルとURLをコピーしました