感情を抑えきれなくて失敗…そうなる前に『支配下』おこう

この記事は約2分で読めます。

心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。
いつもありがとうございます。

現在、毎日8時掲載をしています(直接新着記事一覧へいく場合はこちら)明日もきてね!

これまでの私の失敗や学びの中で、これは知っておくとこの先ラクだよね!というものを少々スパルタ気味にピックアップしていきます。
私が何度も転んで気がついた『盾と矛(守りながら切り開く方法)』です。あなたも使えそうだと思ったら是非ご活用くださいね。

怒りや悔しさ、悲しさ、不安

ネガティブな感情は特に、自分でコントロールするのが大変ですよね。
だからこそ、この感情を支配下におくことで、ほとんどの悩みから解放されますよ!

感情的になって頭が真っ白になってしまう。気がついたら・・・ってあるよね

とは言いつつも・・・
自分の感情をコントロールするというのは、そう簡単なことじゃないですよね。

ネガティブな感情は特にエネルギーが大きくて爆発力もあるので、、
冷静になってから、後悔や罪悪感でいたたまれない

なーんてあるあるです。

ですが、特に問題を起こしやすい『怒り』を整理してしまうと、ネガティブな感情をあなたの支配下にできますよ〜

支配下にするために知っておきたいポイントがあります。
それは、、

今回の盾と矛

私たち人間は不安や悲しみを感じるのが苦手。怒りの方が楽なのでこちらを選択する

怒りなら『ぶつける対象』を見繕うことが出来るからだよ

不安や悲しみは自分(の内側)で対処しないといけない
反対に
怒りは誰か(外側)にぶつけることで発散することができる

感じている不安を「こうなったのはあいつのせいだ」ってすり替えるんだ

不安は見ないフリしたり、押し込めたりしても消えない
その不安に気づいて対処してあげないとずっと不安なまま

『怒り』にすり替えて隠されてしまった不安の対処をしないので消えないから、実はずっと不安なわけ。だからずっと怒ってるの

不安を『怒り』にすり替えると、よりコントールができなくなる
だからこそ、
不安や悲しみのままあなたの中で整理しちゃおう

これを知っちゃうとどうすればいいのか分かるから安心だよね!
もちろん、自分を責める必要ないよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました