「どうせ自分なんて」って思うあなたへ

この記事は約2分で読めます。

今までどおりが嫌な人のための
今を変える
『方法論』
心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。

いつもありがとうございます。

 

本編に行く前に・・・
法人向けオフィシャルサイトからの記事移転が完了し、こちらから確認できるようになりました。移転だけでなく少し手を加えていますので、是非どうぞ〜

「どうせ自分なんて・・・」
が口癖になっている方、いらっしゃいませんか?

この記事はAmebloにも引用で掲載しています

簡潔にまとめると

実は、私も思っていたことがありました。
いや、、思っていたことがありました。
と言うか…そう思っていた年数の方が長いですね(笑)

小さなころから思っていました

「どうせ自分なんて」

可愛がってもらえないのだ
必要とされないのだ
何もできないのだ
ろくな生活できないのだ

うーん我ながら可愛い(笑)
これじゃ嫌だって抗っていたんですよね。
うん、かわいい!

あなたは駄目なんかじゃない
その場所には欲しいものが無いのかも

だから、自分を責めなくていいんだよ。

ちょっと詳しく

どうせ自分なんて・・・
何をやってもうまくいかない。

私もよーく思っていたことだから、本当によく分かります。
でも、そんな風にあなたを痛めつけないで。

どうせ自分なんてって思う方は、
自分に厳しい人なのだと私は思っています。

こうありたいという気持ちが強いのです。

そう思うとあなた自身を可愛いって思いませんか?

だから
どうせ自分なんてって思ったら
自分に鞭打つ前に、アメを(褒めて)あげてください。
頑張っているあなたが可哀想じゃないですか!

でもでも、もっと○○したいんだ!
って思う場合。

もしかしたら…
今の環境はあなたを満足させるものが無いのかも

という目線も持っていただきたいです。

あなたの魅力や能力を存分に活かす場所は他にあるのかもしれません。

それを探すためにも、
あなたが楽しいと思う事
やりたい(やれることではなく)と思う事
夢中になれる事を

見つけだしてみてくださいね。

小さなことでいいので、楽しみながら探しませんか?

大丈夫。
あなたは駄目じゃないから。

「どうせ自分なんて」っていう言葉を使ってあなたを傷つけないでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました